2017年03月31日

私の恋愛・結婚論(7)【過去記事を編集】

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ



※多忙に付き新規記事を書く暇が無いので、
過去記事を編集したものを掲載します。


昨日の「私の恋愛・結婚論(6)【過去記事を編集】」
の続きである。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/448515763.html?1490831382


未婚の男女が
増えてゐるといふことは、

現代の結婚の本質が
「何か可笑しい」と

直感してゐる人が
多くなつてゐるから
かもしれない。


法治国家の
我国では、

結婚は契約だといふ。


私は、結婚が契約で
あるといふことなら、

結婚など
御免蒙りたいものだ。


私は、契約と
いふものが大嫌ひ
だからである。


契約には
権利と義務が
伴ふものだが、

夫婦間の
性行為までが

義務とされて
ゐるのだから、
堪らない。


そんなこと、義務で
するものでもないだらう。


結婚ではなくても、
私は出来ることなら

契約といふのは
なるべく結びたくない。


ビジネスなどで、
トラブル回避のために、

便宜上契約書を
交わすことが多いが、

本当はそんなことは
したくない。


継続的売買契約とか、
賃貸借契約とか、
代理店契約とか、

様々な契約書に
署名捺印してきたが、


これらはどうも
契約書を作成した側が

有利になるやう
作られてゐるやうだ。


大体、契約といふ
概念自体、

我が国日本には
元来ないのだ。

義務とか、権利とかいふ
概念も勿論ない。


それでゐて
無秩序かといふと、
決してそんなことはなく、

神ながらに
秩序立てられてゐるのだ。



契約といふ言葉は、
一神教のユダヤ教や、
キリスト教に於いて

神と人との間に
交はされた
約束のことだ。

それらの宗教では、
神と人との関係は、
契約の関係なのである。


そこには
神と人との関係が

対立するものと
見て取れる。


我が国では神と人とは
親子の関係であり、

人は神の末裔であり、
神の子である。

そこに対立する姿はなく、
神人一体の関係である。


結婚も契約である限り、
夫婦は対立する姿となる。

そこには夫婦一体の
原理は無いのだ。


夫婦は本来一体であり、
魂の半身が結びついたのが、
結婚である。(結魂)

結婚は本来、
契約ではないのである。


結婚=契約といふ考へが
一般である以上、

結婚したがらない人が
減ることはない気がする。


そこには、
国家が人民を
支配する為の

システムの匂ひがするのだ。


少子化対策
とか言つて、

産めよ増やせよでは、

富国強兵が
裏に見え隠れ
してゐるとも思へる。


最近の若い人たちの
直観力は

そのことを察して
ゐるのだと思ふ。

(未完)

☆..*∵☆.∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆..*☆

【受付再開!】紫微斗数個人レッスン≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

昨年三月で受付を終了していた
「紫微斗数個人レッスン」を再開します。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238


昨年三月で一旦募集を終了したのは、
弟子の星野佳菜絵と共に、
「紫微斗数占星術士養成講座」を
開講するためでしたが、

この度、星野佳菜絵が
「おめでた」と相成り、

開講が延期となりました。

そういう訳で、以前から行っている、
「紫微斗数個人レッスン」の募集を
再開することにしたのです。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

2010年より個人レッスンを始め、
今年で七年目になりますが、
受講生も延べ百名を超え、

占い師として活躍する人も
かなり出てきています。

紫微斗数の基礎から、
鑑定できるようになるまで、

懇切丁寧に責任を持って
ご指導させていただきます。

どうぞご期待ください。

3か月で運命鑑定師として、
デビューが可能ですので、
是非ご検討ください。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

============================

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

◎紫微斗数個人レッスン再開しました≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

→ http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 恋愛・結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

私の恋愛・結婚論(6)【過去記事を編集】

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


※多忙に付き新規記事を書く暇が無いので、
過去記事を編集したものを掲載します。


昨日の「私の恋愛・結婚論(5)【過去記事を編集】」
の続きである。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/448469299.html?1490746816


旦那になる
といふことは、

「面倒を見る人」に
なるといふことだ。

(旦那の語源=ダーナ
=面倒を見る人)


それが男にとつての
喜びでもある。


妻子を養ふと
いふことが、

男にとつては、
生きていく上での

最大のモチベーションに
なるのだ。


数々の
偉大な文化も、

そのモチベーションから
生まれてゐるのである。


ところが、
女性の社会進出で、

女性が外で働いて
稼いでくるものだから、


男は愛する女を
養ふといふ、

最大の喜びを
奪はれることになる。


男が結婚したく
なくなるのも、

当然のことかも
しれない。


確かに、女性には
男以上の能力がある。

社会貢献も
出来るだらう。

社会で活躍する夢を
持つのも良い。


しかし、女の
本当の喜びは、

毎日毎日の、
炊事、洗濯、掃除の

繰り返しの
なかにあるのだ。


男に愛されてゐることを
実感しながら行なふ、
毎日のそれらの行は、

夫婦一体の行
なのである。

その一体感こそが
愛なのだと思ふ。


私は、
さういふことを理解して、

実践してゐる女性を
心から尊敬する。


こんな考へは
旧い考へといはれる
かもしれない。


私は、結婚生活
十六年の間は、

妻を外に働きに
行かせることはなかつた。


常に小さい子供が
居たので、

物理的に働きに出るのは
不可能だつたが、


若し、子供が
居なかつたとしても、

外に働きに出ることは
許さなかつたと思ふ。


私には甲斐性が無く、
妻子を養ふことが
出来なくなつた。

その時が結婚生活の
終りであつた。

旦那でゐられなく
なつたのである。

(未完)

☆..*∵☆.∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆..*☆

【受付再開!】紫微斗数個人レッスン≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

昨年三月で受付を終了していた
「紫微斗数個人レッスン」を再開します。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238


昨年三月で一旦募集を終了したのは、
弟子の星野佳菜絵と共に、
「紫微斗数占星術士養成講座」を
開講するためでしたが、

この度、星野佳菜絵が
「おめでた」と相成り、

開講が延期となりました。

そういう訳で、以前から行っている、
「紫微斗数個人レッスン」の募集を
再開することにしたのです。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

2010年より個人レッスンを始め、
今年で七年目になりますが、
受講生も延べ百名を超え、

占い師として活躍する人も
かなり出てきています。

紫微斗数の基礎から、
鑑定できるようになるまで、

懇切丁寧に責任を持って
ご指導させていただきます。

どうぞご期待ください。

3か月で運命鑑定師として、
デビューが可能ですので、
是非ご検討ください。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

============================

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

◎紫微斗数個人レッスン再開しました≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

→ http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238
posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 恋愛・結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

私の恋愛・結婚論(5)【過去記事を編集】

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


※多忙に付き新規記事を書く暇が無いので、
過去記事を編集したものを掲載します。


昨日の「私の恋愛・結婚論(4)【過去記事を編集】」
の続きである。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/448425053.html?1490665479


旦那の語源は
「物をくれる人」
なのである。

それは
サンスクリット語で

仏教用語の
「ダーナ」から来てゐる。


最近、未婚の男女が
増えてゐるが、

男の立場からすると、
「旦那」に
成りたがらない人が

多くなつたといふ見方も
出来るであらう。


他人の面倒を
わざわざみたくない
といふ訳である。

旦那とは、
面倒を見る人
といふことでもある。


デートの時も、
最近の男女は

割り勘が
多いといふから、


さういふ部分に
旦那に成りたくない

意識が表れて
ゐるのである。


私の常識でいへば、
それがデートの場で
あるのなら、

男が女に奢るのは
当然のことだ。

さう思つてゐたのだが、
それは一種の女性差別
だといふのである。


確かにそうなのかも
しれない。

男女平等の
この世なのだから・・・・・


若しかしたら
私は女性を差別して
ゐるのかもしれない。

それは、
女性に対する畏れから
来てゐるのだと思ふ。


私は、頭脳も能力も
女性の方が、

ずつと優れてゐると
感じてゐるのだ。

正直、とても
敵はないと思ふ・・・・・・


女性の社会進出も、
未婚の男女が増えた
一因といへるだらう。

女性の社会進出は
大変結構な
ことかもしれないが、

マイナス面は当然ある。


男の立場からすると、
女性を養ふといふ
喜びが無くなるのは

実に詰まらないことだ。


私が子供の頃
(40年位前)は、

専業主婦が
多かつたと思ふ。


私が結婚した頃
(30年位前)も

未ださうだつた
感じがする。

ところが最近はどうだ。
周りを見てもほとんどが
共働きである。


共働きを歓迎する男も
多いと聞く。

妻に外で働いてほしいと
懇願する夫も居る有様。


これは男性原理の
減退であらう。

本来、男は
女子供を養ふことに、

喜びと生き甲斐を
感じるものだ。

(未完)

☆..*∵☆.∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆..*☆

【受付再開!】紫微斗数個人レッスン≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

昨年三月で受付を終了していた
「紫微斗数個人レッスン」を再開します。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238


昨年三月で一旦募集を終了したのは、
弟子の星野佳菜絵と共に、
「紫微斗数占星術士養成講座」を
開講するためでしたが、

この度、星野佳菜絵が
「おめでた」と相成り、

開講が延期となりました。

そういう訳で、以前から行っている、
「紫微斗数個人レッスン」の募集を
再開することにしたのです。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

2010年より個人レッスンを始め、
今年で七年目になりますが、
受講生も延べ百名を超え、

占い師として活躍する人も
かなり出てきています。

紫微斗数の基礎から、
鑑定できるようになるまで、

懇切丁寧に責任を持って
ご指導させていただきます。

どうぞご期待ください。

3か月で運命鑑定師として、
デビューが可能ですので、
是非ご検討ください。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

============================

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

◎紫微斗数個人レッスン再開しました≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

→ http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238
posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 恋愛・結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする