2018年08月11日

【毎年恒例】盆と墓参り(その1)

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


【太陽館】鑑定・講座メニュー

まずはこのページをお読みください。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/kanteimanu/

あなたに合ったメニューをお選びください。

人生百般の悩み、問題解決に役立ていただけます。

============================

お盆が近づいて
きましたので、

毎年恒例の
「盆と墓参り」を
掲載します。


8月15日は
仏教の年中行事
である

「盆」(月遅れ)
ですが、


原語は
ウランバーナ
(盂蘭盆、うらぼん)

でありまして、
その意味は

「倒懸」
(とうけん)です。


つまり逆さに
吊り下げられる

苦しみと
いふことです。


餓鬼道に
堕ちる苦しみと
いふのは

それほど
辛いことですから、


如何に執着心を
断つかと
いふことが

とても大切と
いふことです。


仏弟子の母が
餓鬼道に堕ちて
苦悩してゐるのを

供養したのが、
盆の起源で
あると、

盂蘭盆経には
書かれてゐる
さうです。


(盂蘭盆会施餓鬼
うらぼんえせがき)


その仏弟子の
母は、

食べ物を口まで
持つていくと、


パッと
火になつて

食べられないと
言ふ

苦汁を味つた
さうです。


この世で何でも
掻き集めることに
精を出した人は、

あの世で
餓鬼道に堕ち、


このやうな
苦しみを

味はふことに
なるのです。


私は
東京で生まれ
育ちましたので、

盆といふと
7月15日といふ

イメージが
あります。


お盆は元々は
旧暦の
7月15日に

行はれて
ゐたのです。

今の暦でいへば、
確かに8月10日
過ぎ頃です。


東京は
地方出身者が
多いですから、

8月10日を
過ぎた辺りから、

盆休みを取つて、
帰省する人が
多くなります。


子供の頃は、

盆は7月に
終つてゐるのに、


何故また
8月に

盆があるの
だらうと

不思議に思つて
ゐました。


それでも
人口が
少なくなり、

車の通りも
少なくなる、

その頃の
静かな東京が
大好きでした。


静けさの中に、
セミの声だけが

五月蝿く鳴り響き、


夏休みも
もう少しで
終りといふ、

何となく
センチメンタルな

気分になる時期
でもあります。


盆は国民が挙つて
帰省するといふ、

国民大移動の
時期と
なるのですが、

(帰省ラッシュ)


その本来の
目的は

墓参になる
筈です。

(先祖霊の
追善供養)


多くの国民が
先祖を忘れづに、

墓参りを
することは

とても
良い行事と
思はれます。


先祖と子孫とは、
「祖孫一体」
といはれ、


まともな常識の
ある人なら、

祖先の恩を
忘れることは
なく、


盆と彼岸の
供養を

忘れないもの
でせう。


祖先があるから、
今の自分が
あるわけで、

それは
自明の理で
あります。


恩とは漢字の
つくりから
いふと

原因を知る心
でせうから、


それを
忘れないことは

一人前の人間が
することで、


出来ないものは
半端者と

見られてきたので
あります。


これは
古くからの

日本人の常識で
あり、

言はず語らづの
暗黙の
道徳律なのです。


「はかなし」
といふ言葉が
ありますが、

(どうなるか
わからなくて
頼りないの意)


これは
墓無しと当てると、

墓の
無いことは、

果敢なし(はかなし)
なのであります。


しかし、
墓参は盆暮れと

春秋の彼岸の
年四回程度

お参りするのが
よく、


常に
参詣するやうな

ところでは
ありません。


その理由は
次回に述べます。

(未完)

☆..*∵☆.∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆..*☆

【募集終了間近!】紫微斗数個人レッスン≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

紫微斗数を知ることは
一生の得と思いますし、
知らないことは一生の損と思います。

それを金額に換算してみると、
少なく見積もって2億円の違いが
あると見ています。

この占術を覚えれば、自分自身を
より一層深く知ることができ、
いつ動き行動すべきかもわかります。

家族や子どもの運勢も知ることができ、
良い接し方ができるようになります。

知人を占ってあげれば、
とても当たっていると、
とても喜んでもらえます。

そして、その人とどう付き合えば
よいかがわかります。

しかも、副業として、
鑑定の仕事もできるのです。
(もちろん本業も可)

紫微斗数は神様が人間一人一人を
お造りになられた際の
「設計図」とも言われています。

これを知ると知らぬでは、
人生に格段の開きが出てきます。

通常、一つの占術をマスターするには、
かなりの時間とお金がかかります。

東洋占では四柱推命が
精度の高い命術ですが、

マスターするには10年は
かかるといわれてますし、

20年の鑑定歴のある専門家でも、
まだよく解っていないと言われていました。

それに比べ、紫微斗数は比較的、
というか、かなりマスターし易い占術です。

私は90分1万円の料金で
紫微斗数の個人レッスンをしています。
(対面、通信どちらでもOK)

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

90分のレッスンを10回受ければ、
運命鑑定師として最低限の
知識を身につけることができます。

2010年より個人レッスンを始め、
今年で九年目になりますが、
受講生も延べ百名を超え、

占い師として活躍する人も
かなり出てきています。

紫微斗数の基礎から、
鑑定できるようになるまで、

懇切丁寧に責任を持って
ご指導させていただきます。

どうぞご期待ください。

3か月で運命鑑定師として、
デビューが可能ですので、
是非ご検討ください。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★

自分自身の運命を詳密に知りたい方はやはり紫微斗数です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/yuuryoukantei/


posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 開運の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする