2018年09月23日

【太陽館】彼岸会供養(先祖供養の必要性)

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


【太陽館】鑑定・講座メニュー

まずはこのページをお読みください。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/kanteimanu/

あなたに合ったメニューをお選びください。

人生百般の悩み、問題解決に役立ていただけます。

============================

今日(二十三日)は
彼岸の中日
である。

ご存知のやうに
彼岸会といふのは、

仏教行事として、
春と秋と
年に二回ある。


丁度季節の
分れ目にも当たり、

中日の前後
三日間、

各七日間となる。


彼岸の中日
である

春分の日、
秋分の日は、


太陽が
真東から昇って
真西に沈み、

昼と夜の長さが
ほぼ同じに
なるといふ。


暑さも寒さも
彼岸までといふ

言葉が
あるやうに、


一年中最も
凌ぎ易い時
である、

ともいへる。


以前は、
春分の日を

春季皇霊祭
(しゅんき
こうれいさい)、


秋分の日を

秋季皇霊祭
(しゅうき
こうれいさい)

といひ、


それは

歴代の
天皇・皇后・

皇親の霊を祭る
儀式で、


非常に重要な

宮中祭祀なので
ある。


現憲法施行後は、

さういふ
言い方は、

一般にはされなく
なつたが、


宮中では
今でも、

春季皇霊祭・
秋季皇霊祭が

行はれてゐる
筈である。


私たち庶民も、
この彼岸の
一週間に、

先祖の
追善供養として、


墓参り、
お寺詣りを
するのが、

古来より、
日本人の

習はしなので
ある。


前にも
書いたが、

先祖と
子孫とは、

「祖孫一体」と
いはれ、


まともな常識の
ある人なら、

祖先の恩を
忘れることは
なく、


盆と彼岸の
供養を

忘れない
ものである。


祖先が
あるから、

今の自分が
あるわけで、

それは
自明の理で
ある。


「恩」とは

漢字の
つくりから
いふと

原因を
知る心で
あるから、


それを
忘れない
ことは

一人前の人間が
することで、


出来ないものは
半端者と

見られてきた
のである。


これは
古くからの

日本人の
常識であり、


言はず語らづの

暗黙の道徳律
でもある。


秋のお彼岸に
なると、

必ず真赤な
「彼岸花」が
咲く。


それを見て、
不信心の人も

「さういへば
お彼岸だつた
なあ」と

気がつくと
いふわけである。


「彼岸花」は
茎と花だけで、

葉が無いのが
特徴なのである。


それを何か
不吉の花と
見る人も

多いやうだ。

赤は血の色を
連想させる
といふのもある。


また、
全草有毒の
花であり、

死人花
(しびとばな)、

地獄花
(じごくばな)、


幽霊花
(ゆうれいばな)、

剃刀花
(かみそりばな)、

などと


忌み嫌はれる
呼び方も

されて
ゐるのだ。


花全体を
天地人として
みると、

花は天で
根(球根)は
地である。

「天」と
「地」をつなぐ
茎はあるが、


葉が無いのは
「人」が
欠けてゐると

見た人が居る。


子孫が
先祖供養の
勤めを

欠いてゐる姿と
見る訳だ。


即ち、
この「彼岸花」の
形態は、

供養を
してくれない
子孫に対して、


先祖霊が
怨みごとでも

訴へてゐる
やうに

見られない
でもない
わけである。


この花は
祖先霊の

悲しみの
象徴と
いふわけだ。


「葉が無し」
「墓無し」
「果敢なし」

すべて
「はかなし」で
あるが、

(果敢なしは
むなしい、
あっけないの意)


言葉の連想
とはいへ、

無関係とも
思へない。


先祖の供養も
しなければ、

「人生はかなし」
となり、


入るべき
墓も無く、

骨を拾はれる
ことも
ないくらい、


落ちぶれると
いふことに

なるのかも
しれない。

☆..*∵☆.∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆..*☆

【募集終了間近!】紫微斗数個人レッスン≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

紫微斗数を知ることは
一生の得と思いますし、
知らないことは一生の損と思います。

それを金額に換算してみると、
少なく見積もって2億円の違いが
あると見ています。

この占術を覚えれば、自分自身を
より一層深く知ることができ、
いつ動き行動すべきかもわかります。

家族や子どもの運勢も知ることができ、
良い接し方ができるようになります。

知人を占ってあげれば、
とても当たっていると、
とても喜んでもらえます。

そして、その人とどう付き合えば
よいかがわかります。

しかも、副業として、
鑑定の仕事もできるのです。
(もちろん本業も可)

紫微斗数は神様が人間一人一人を
お造りになられた際の
「設計図」とも言われています。

これを知ると知らぬでは、
人生に格段の開きが出てきます。

通常、一つの占術をマスターするには、
かなりの時間とお金がかかります。

東洋占では四柱推命が
精度の高い命術ですが、

マスターするには10年は
かかるといわれてますし、

20年の鑑定歴のある専門家でも、
まだよく解っていないと言われていました。

それに比べ、紫微斗数は比較的、
というか、かなりマスターし易い占術です。

私は90分1万円の料金で
紫微斗数の個人レッスンをしています。
(対面、通信どちらでもOK)

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

90分のレッスンを10回受ければ、
運命鑑定師として最低限の
知識を身につけることができます。

2010年より個人レッスンを始め、
今年で九年目になりますが、
受講生も延べ百名を超え、

占い師として活躍する人も
かなり出てきています。

紫微斗数の基礎から、
鑑定できるようになるまで、

懇切丁寧に責任を持って
ご指導させていただきます。

どうぞご期待ください。

3か月で運命鑑定師として、
デビューが可能ですので、
是非ご検討ください。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★

自分自身の運命を詳密に知りたい方はやはり紫微斗数です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/yuuryoukantei/


posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 開運の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする