2018年12月23日

【太陽館】神が認めた尊い『職業』

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


【太陽館】鑑定・講座メニュー

まずはこのページをお読みください。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/kanteimanu/

あなたに合ったメニューをお選びください。

人生百般の悩み、問題解決に役立ていただけます。

============================

最近は
男も女も

「看護師」と
称しますが、


以前は
女性の看護師の
ことを

看護婦と
言つてゐました。


看護師と
いへば、

私が初めて
その言葉を
耳にしたのは、


長女が
生まれた

愛知県
沓掛(くつかけ)の

藤田保険衛生
大学病院
でした。


男の
看護師が

たくさん
働いてゐたから
です。


男の看護師
といふのは

それまで
見たことも

聞いたことも
無かつたので、


その時
(1987年)は

驚いたことを
憶へてをります。


今、何故
看護婦では
いけないのかと

事情を
訊いてみると、


婦の字は、
女偏に
箒(ほうき)で、

それは
掃除する
意味だから、


そこに
女性蔑視が

窺へるからだ
といふのです。


これには
呆れ返る
ばかりですが、


いつも
掃除をするのは

女の役だからと
言つて、

ひがむのは
良くない
思想でせう。


掃除ほど
尊いものは

さうはないの
ですから。


仏教では
掃除をさせる
ことが

修行なのだ
といふ

宗派もあるので
あります。


ブッダの
弟子で

大変
頭の悪かつた

周梨槃特
(しゅりはんどく)
といふ人物は、


愚かなので

皆に
馬鹿にされて
ゐました。


馬鹿とは
馬と鹿の区別が
つかないほど

愚かといふこと
ですが、

周梨槃特は、


時々
自分の名前を

忘れてしまふ
ほど、

頭が悪かつた
のであります。


彼は
余りの自分の
愚かさを嘆いて、

ブッダ(お釈迦様)の
ところを
訪れました。


「仏陀よ、
私は余りにも
愚かなので、

もうここには
いられません。」


その時、

お釈迦様は
かう言はれました。


「自分を愚かだと
知つているものは

愚かではない。


自分を賢いと
思い上つてゐる
者が、

本当の愚か者で
ある」


仏弟子を
やめるつもりで
やつて来た

周梨槃特は、


師の思はぬ
言葉に

一瞬キョトンと
したといふこと
です。


自分を賢いと
思ひ上つてゐる
者が

本当の愚か者と
いふのは、

まさにさうだと
私も思ひます。


そして
お釈迦様は

次のやうに
続けました。


「おまえは
難しい説法は

さつぱり
わからない
ようだから、

一つだけ
教えてあげよう。


ここに
ほうきがあるから、

このほうきを
持つて
庭を掃きなさい。


落ち葉を
掃いたり、

ゴミを
掃いたり
しなさい。


その時に
『塵(ちり)を払い、
垢を除かん』と

繰り返し
言ひながら、

ほうきで掃いて
いきなさい」


周梨槃特は

お釈迦様に
さういはれて
嬉しくなり、

たまに
忘れさうに
なりながらも、


『塵(ちり)を払い、
垢を除かん』と

唱へながら

掃除を続けて
いつたのです。


一年、二年、
五年、十年と

ひたすら掃除を
続けていくうちに、


彼を馬鹿に
してゐた

他の弟子たちも

一目置く様に
なり、


お釈迦様に
いはれたことを

ただ黙々と
淡々と

やり続ける
その姿に、


周りの人々は
尊敬の念を

抱くやうに
なつたのです。


そして
周梨槃特は

掃除を
続けるうちに、


「ああ、
人間も同じ
なんだ、

心の中にある
塵や垢を

除くことが
大事なんだ」


と気付き、

阿羅漢(あらはん)の
悟りを

得られたと
伝へられて
ゐます。


職業に貴賤無し
といひますが、

神が認めた
職業(正業)は
案外少ないのです。


一攫千金を
夢見る職業は
殆ど怪しく、

認められて
ゐないと
いへます。


利幅の少なく
堅い商売である、

八百屋や
魚屋などが


神(正神)の
認めた

正業と
いふことです。


農業や漁業
などの

第一次産業は、


無論、
神が認めた

正業になる
でせう。


第二次産業に
なると、

作るものに
よつては、


認めらない
職業が

あるかも
しれません。


第三次産業
以降は、

本当に
玉石混淆で、

半数以上は
恐らくダメと
思はれます。


給料が高いと
言つて、

神の認めて
居ない
職業につくと、


悪いカルマを
積むことに
なりますし、

長い目で見て
運命を大きく
損ねます。


神が最も
尊いとする
職業は、

「清掃業」です。


それはいはゆる
3Kの典型であり、

全く人気も
無いのですが、


「魂磨き」に
通じてゐるので、

神界では
高貴な仕事と
されてゐます。


掃除を
専門として
請け負ふ

メンテナンス会社
では、


独特の技術を
発揮して、

実に綺麗な
仕上げを
するものです。


多くの人々の
要望に対して、

それ以上に
応へるといふ
サービス精神は、

仏教でいふ
慈悲の業にも
通じるのです。


さういふ
会社の人は
仕事をしながら

陰徳を
積んでゐるとも
いへるので、

これほど
尊い職業は
ないでせう。


私は、

これから
何をしたいかが
判らない人には、

迷はず清掃業を
お勧めします。


事業(ビジネス)を
起すにしても

清掃業が
いいと思います。


まずは、

パートや
アルバイトから

始めても
良いのです。


清掃をしながら、

「掃き浄める」
「塵を払い、
垢を除かん」と

唱へるのです。


そうすれば、
賃金を得ながら

脱カルマが
図れて、


運勢も次第に
良くなつて
いくでせう。

これは
一石二鳥と
いへます。


ただ、

賃金が安いと
不満に
思ひながら

仕事をしたり、


嫌々
仕方なしに

やつてゐる
様では
ダメであります。


感謝感謝の心と、
心を浄める
気持ちで

仕事に
従事することが
必須です。

============================

【金運アップの秘法】アマゾンより発売!

11月3日のアマゾン売れ筋ランキングで、最高位3位を獲得!

http://archive.fo/l4LCM

2013年以来、PDFファイルで販売させていだいていた
「金運アップの秘法」が、アマゾンのプリント・オン・デマンドで、
11月1日発売開始になりました。(ジュピター出版刊)

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/462490743.html?1541060733

お客様の注文に応じて一冊ずつ刷った本がアマゾンより届けられます。
(電子出版ではなく、紙媒体で印刷製本されたものです。)

アマゾンのみの販売で、一般書店では発売されません。

今まで、通常価格「1万円」でしたが、http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/kinunup/

ほぼ同じ内容で「税込み1188円」とかなり廉価で提供できるようになりましたので、
この機会に是非お申し込みください。

第八章と、「おわりに」を加筆してありますので、PDF版をお持ちの方も、
ご購入いただければと思います。持ち運びにも便利です。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/462490743.html?1541060733

内容は上記ブログから販売ページに入っていただき、
「なか見!検索」でご確認いただければと思います。

★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★

自分自身の運命を詳密に知りたい方はやはり紫微斗数です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/yuuryoukantei/


posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 開運の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする