2019年03月21日

【太陽館】≪彼岸会供養≫本日3月21日は彼岸の中日です

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ



【太陽館】鑑定・講座メニュー

まずはこのページをお読みください。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/kanteimanu/

あなたに合ったメニューをお選びください。

人生百般の悩み、問題解決に役立ていただけます。

============================

太陽館の荻原です。


昨日の「【太陽館】新しい恋愛・結婚論(10)」
の続きは後日掲載します。


今日は
彼岸の中日です。
(春分の日)


ご存知の様に
彼岸会と
いふのは、

仏教行事と
して、

春と秋と
年に二回
あります。


丁度、季節の
分れ目にも
当たり、

中日の前後
三日間、

各七日間と
なります。


彼岸の中日で
ある

春分の日、
秋分の日は、


太陽が
真東から
昇つて

真西に沈み、


昼と夜の
長さが

ほぼ同じに
なると
いふことです。


暑さも寒さも
彼岸まで

といふ言葉が
ある様に、


一年中最も
凌ぎ易い時で

あるとも
いへでせう。


この彼岸の
一週間に、

先祖の
追善供養
として、

墓参り、
お寺詣りを
するのが、


古来より、
日本人の

習はしなので
あります。


前にも
書きましたが、

先祖と子孫とは、
「祖孫一体」
といはれ、


まともな
常識のある
人なら、

祖先の恩を
忘れることは
なく、


盆と彼岸の
供養を

忘れないもの
でせう。


祖先が
あるから、

今の自分が
あるわけで、

それは
自明の理です。


「恩」とは
漢字のつくり
からいふと

原因を知る
心で
ありますから、


それを
忘れないことは

一人前の
人間が
することで、


出来ない者は

半端者と
見られて
きたのです。


これは
古くからの

日本人の
常識であり、


言はず
語らづの

暗黙の
道徳律でも
あるのです。


私も今年は、
一昨日
十九日に、

東京目黒の
先祖の墓地に

お参りに
行きました。


父方の先祖も
母方の先祖も、

同じ墓地なので、


同時に
墓参りが
出来るのが

有難い
ところです。


とても暖かく
穏やかな日で、

先祖の方々を
偲びながら、


いのちの
繋がりを

感じることが
出来ました。


その後、
生まれ育つた
目黒の街を、

小一時間ほど
散策し、
昔を偲びました。

============================

【金運アップの秘法】アマゾンより発売!

11月3日のアマゾン売れ筋ランキングで、最高位3位を獲得!

http://archive.fo/l4LCM

2013年以来、PDFファイルで販売させていだいていた
「金運アップの秘法」が、アマゾンのプリント・オン・デマンドで、
11月1日発売開始になりました。(ジュピター出版刊)

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/462490743.html?1541060733

お客様の注文に応じて一冊ずつ刷った本がアマゾンより届けられます。
(電子出版ではなく、紙媒体で印刷製本されたものです。)

アマゾンのみの販売で、一般書店では発売されません。

今まで、通常価格「1万円」でしたが、http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/kinunup/

ほぼ同じ内容で「税込み1188円」とかなり廉価で提供できるようになりましたので、
この機会に是非お申し込みください。

第八章と、「おわりに」を加筆してありますので、PDF版をお持ちの方も、
ご購入いただければと思います。持ち運びにも便利です。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/462490743.html?1541060733

内容は上記ブログから販売ページに入っていただき、
「なか見!検索」でご確認いただければと思います。

★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★

自分自身の運命を詳密に知りたい方はやはり紫微斗数です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/yuuryoukantei/


posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 開運の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする