2019年05月10日

【菜根譚】口は心の門である(3)

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


【太陽館】鑑定・講座メニュー

まずはこのページをお読みください。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/kanteimanu/

あなたに合ったメニューをお選びください。

人生百般の悩み、問題解決に役立ていただけます。

============================

昨日の「【菜根譚】口は心の門である(2)」
の続きである。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/465561031.html?1557333498


前回は
水は
人間の言葉を

理解する
といふ説に

疑問を呈した
訳だが、


発する言葉が
重要と
いふことに

異論はない。


ただ、
人間は

言葉によつて
騙される
ことも

多いのである。


善いこと、
耳触りのよい
言葉は

誰でも
言へるのだ。


最近は、
みんなが

偉くなつて
しまつて、

一億総評論家の
やうな観を
呈してゐる。


テレビを
見てゐても、

コメンテーターと
呼ばれる
人たちが

尤もらしい
ことを
言つてゐる。


だが、

言つて
ゐることと、

やつて
ゐることが


一致してして
ゐる人は

一体
どれくらい

ゐるの
だらうか。


その人の
本質は、

その人が
話した言葉や

書いた言葉
より、


行動を
見た方が

正確に
判るのである。


言葉で
自分自身を

偽装する
ことは

容易に
できるので、


本物か
どうかを
確かめるには

行動を
見るより
ないのである。


扨、

自分自身を
汚す言葉とは

どんな言葉で
あらうか。


私が最も
嫌ふ言葉は

「むかつく」
である。


この言葉を
初めて
聞いたのは

小学六年の
時であるが、


その言葉を
発したのは

二年年上の
先輩であつた。


その先輩は、
「むかつく」が
口癖で、

一日に何度も
口に
出してゐた。


その時に
初めて

「むかつく」が

「腹が立つ」
といふ


怒りを
意味する

言葉で
あることを

知つたので
ある。


それまでは
ほとんど

聞いたことが
なかつたので、


恐らく
東京では

1970年代
後半から


よく
使はれる
やうになつた

言葉だと思ふ。


初めて
聞いた時、

「嫌な
言葉だな」と

強く思つた。


聞くだけで

とても
不快な気分に

なつたので
ある。


きつと、
この言葉の
持つ波動は

非常に
悪いのだらう。


「ばかやろう」は

愛情を
感じられる
場合があるが、


「むかつく」は

如何なる
ときにも
窮してゐる。


私は一度も
この言葉を

使つたことが
ない。

使ふ気にも
ならない。


これは
自分自身を
汚す言葉の

典型では
ないかと
思つてゐる。


もし、
私の子供が

「むかつく」を
使つたら、


張り倒して
やらうと

思つてゐる
くらいだ。


ただ、
関西地方では
江戸時代から

結構使はれて
ゐるやうだ。


さういふ

長く
続いてゐる
言葉の文化は


尊重
しなくては
ならないので、

禁止しろとは
言はない。


言葉狩りは

どんな理由が
あつても
不可だ。


それでも、
私自身は

これからも
使はないし、


周りで
使ふ人が
ゐたら、

露骨に
不快感を
示すであらう。

(続く)

============================

【金運アップの秘法】アマゾンより発売!

11月3日のアマゾン売れ筋ランキングで、最高位3位を獲得!

http://archive.fo/l4LCM

2013年以来、PDFファイルで販売させていだいていた
「金運アップの秘法」が、アマゾンのプリント・オン・デマンドで、
11月1日発売開始になりました。(ジュピター出版刊)

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/462490743.html?1541060733

お客様の注文に応じて一冊ずつ刷った本がアマゾンより届けられます。
(電子出版ではなく、紙媒体で印刷製本されたものです。)

アマゾンのみの販売で、一般書店では発売されません。

今まで、通常価格「1万円」でしたが、http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/kinunup/

ほぼ同じ内容で「税込み1188円」とかなり廉価で提供できるようになりましたので、
この機会に是非お申し込みください。

第八章と、「おわりに」を加筆してありますので、PDF版をお持ちの方も、
ご購入いただければと思います。持ち運びにも便利です。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/462490743.html?1541060733

内容は上記ブログから販売ページに入っていただき、
「なか見!検索」でご確認いただければと思います。

★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★

自分自身の運命を詳密に知りたい方はやはり紫微斗数です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/yuuryoukantei/


posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 開運の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする