2019年06月09日

【太陽館】臭気に注意して開運しやう(11)

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


【太陽館】鑑定・講座メニュー

まずはこのページをお読みください。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/kanteimanu/

あなたに合ったメニューをお選びください。

人生百般の悩み、問題解決に役立ていただけます。

============================

昨日の「臭気に注意して開運しやう(10)」
の続きです。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/466664799.html?1559954640


足の臭ひに
気を配り、

足の臭ひを
取り除く
ことが、

開運の秘訣の
一つと
なります。


放つておけば、

必ず足は
臭ふものです。


足の裏は

毒素の
排出口だから
でせうか。


足は臭ふ所
だけに、

足を使つた
表現には、

あまり
良いものが
ありません。


「足が出る」
→お金が足りなくなる

「足手まとい」
→周りの人の邪魔になる。

「足元を見られる」
→弱いところにつけ込まれる

「足を洗う」
→悪いことから身を引く

「足を引っ張る」
→他人の成功を邪魔する


以上のやうな
具合で、

あまり
いい意味では

使はれないの
です。


足は
人体の中で
一番下にあり、

最低の世界を
表してゐると

言はれてます。


それは
「底の国」
であり、

「汚れの国」
なので、


臭気が
漂ふのは

当然のことと
言へませう。


だから常に
手入れをして
汚れを清め、

臭ひを
消さなくては

ならないの
です。


足を制する
ものが

人生を
制するの
です。


足は
物質の象徴
とも

言はれて
ゐます。


日本人が
正坐を

尊重して
ゐるのは、


精神面を
物質面より
優位に置き、

物質の象徴で
ある

足を制して
ゐる姿
だからでせう。


足を
投げ出した
姿は

醜いものです。

やはり足は
制するべき
ものです。


日本人の足が
短いのは、

物質面より、
精神面を
重視する

象徴とも
言へるでせう。


物質文明
優位の

西洋人の足は
長いのです。


足が
長い人が

もてはやされる
世の中ですが、


それは
戦後日本が
西欧化して、

物質文明に
偏重してきた
からだ

といふ説も
あります。


そんなことを
言つても、


足は長い方が
格好いいに

決まつてる
じゃないか

といふ声が
聞こえて
来さうですが・・・・

(続く)

============================

【金運アップの秘法】アマゾンより発売!

11月3日のアマゾン売れ筋ランキングで、最高位3位を獲得!

http://archive.fo/l4LCM

2013年以来、PDFファイルで販売させていだいていた
「金運アップの秘法」が、アマゾンのプリント・オン・デマンドで、
11月1日発売開始になりました。(ジュピター出版刊)

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/462490743.html?1541060733

お客様の注文に応じて一冊ずつ刷った本がアマゾンより届けられます。
(電子出版ではなく、紙媒体で印刷製本されたものです。)

アマゾンのみの販売で、一般書店では発売されません。

今まで、通常価格「1万円」でしたが、http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/kinunup/

ほぼ同じ内容で「税込み1188円」とかなり廉価で提供できるようになりましたので、
この機会に是非お申し込みください。

第八章と、「おわりに」を加筆してありますので、PDF版をお持ちの方も、
ご購入いただければと思います。持ち運びにも便利です。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/462490743.html?1541060733

内容は上記ブログから販売ページに入っていただき、
「なか見!検索」でご確認いただければと思います。

★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★

自分自身の運命を詳密に知りたい方はやはり紫微斗数です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/yuuryoukantei/


posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 開運の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする