2019年09月23日

【開運】には読書―良書を読まう(4)

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


【太陽館】鑑定・講座メニュー

まずはこのページをお読みください。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/kanteimanu/

あなたに合ったメニューをお選びください。

人生百般の悩み、問題解決に役立ていただけます。

============================

昨日の「【開運】には読書―良書を読まう(3)」
の続きである。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/470328692.html?1569101032


魂を
揺さぶり、

人生を
改善に導く
良書は、

書店に
置かれて
ゐても、


霊光燦然と
輝きを放つて
ゐるので、

その存在は、
わかる人には

わかるので
ある。


先日、
書店で

とりわけ
輝きの強い本を
みつけて

ページを
開いてみると、


その内容に

ぐんぐん
引き込まれて
しまふ程の

良書で
あつたが、


昭和の
時代から

出版されて
ゐた
本であり、

著者は既に
故人であつた。


このやうな
良書が

昭和の
時代には

数多く
出版されて
ゐたのである。


扨、
そろそろ

本項を
まとめたいと
思ふが、


読書について

以前に書いた
文章が
あるので、

(過去の
ブログ記事)


それを
編集して

再掲すること
にして、

まとめと
させていただく。


【再掲文ここから】

以前、

読書は
有力な開運法で
あると、

書いたことが
ある。


これは占ひに
詳しい人には

よく知られた
ことであるし、


実際に
開運効果は

認められると
思ふ。


ある
脳機能学者
などは、

「年収と
読書量は
正比例する」と

言い切つて
ゐる位である。


小説や
文芸書などは

開運には
役立たづ、


教養を高める
本とか、

自己啓発系が
良いと
されてゐる。


しかし、
書店に
並んでいる

自己啓発系の
本や


スピリチュアル系
のものは、

怪しいものが
多い感じが
する。


かなり
危ふい波動を

発して
ゐるのが

感じられる
のだ。


私は
さういふ点
には

かなり
敏感なので、


悪い波動を
感じると

体調にも
影響する。


悪い波動の
本に

囲まれて
ゐると、

とても気分が
悪くなつて
しまふのだ。


良い本は
やはり

良い波動を
放つてゐる。


だがその数は
たいへん少なく、

霊光燦然と
光を放ち、

霊的重みの
ズッシリした
本は


大型の
書店でも

一冊あるか
ないか

といふところで
あらう。


運の
悪い人や

問題の
ある人は


どうも
悪い波動の
本を

選んで
ゐるやうな
気がする。


運の悪い時は
類は類を呼ぶ
法則に従ひ、

波動の悪い
(低い)本を

選んでしまふ
やうである。


どんな本を
読んでゐるかを
聞けば、

その人の
運気の状態も
判る訳だ。


ベストセラーに
なるやうな
本も

危ないと
いへる。


ベストセラーに
なると
いふことは、

「B層」に向けて
書かれた本
なので、

これは甚だ
よろしくない。


勿論、
例外はあるの
だろうが・・・


参考までに
立ち読みする
位は

いいだろうが、

わざわざ
買つてまで
読む必要もない。


「多くの人から
支持されて
ゐるから本物」

といふことは
なく、


むしろ、
本物は

あまり
売れなかつたり

支持されない
事の方が
多いのだ。


何故、

本を
読むことが
大切なのか。


それは、

本(ほん)は
本(もと)で
あるから

すべての本
(もと)
なのだ。


すべての本
(もと、元、素、基)
だから

大切なのだ。


また、
インターネット
でも

文章は
読むことが
できるが、


やはり紙に
書かれている
文でないと

頭に入らない。


画面で文字を
読むのは

テレビを
見てゐるのと
同じで

頭には
残らない
ものだ。


テレビを
見ている
ときは

思考力が
殆ど
働かないが、


ネットを
見る際も

その悪影響が
残つてしまふ。


ブックリーダー
なども、


漫画や雑誌を
読む程度なら

よいかも
しれないが、

勉強には
ならない。


紙(かみ)は
神(かみ)に

つながるので
ある。


紙に
書かれてゐる
文字を

読むことが
大切である。


紙を粗末に
扱ふ人は

運気を
損ねると
いふ。


紙は神を
象徴するから、

神に不敬を
働くことに
なる訳だ。


紙を
使はないことが、

紙を
粗末にしない道
ではない。


正しく、
大切に

紙を使つて
行くことが

紙を守ること
になる。


本は
出来るなら、
図書館で見たり

古本で買つたり
せづに、


新品のものを
正規の価格で

購入したい
ものだ。


それが著者に
対する

愛情といふもの
である。


新品本を
買はなければ

著者には印税が
入らないのだ。


既に絶版や

新品で
手に入らない
場合のみ、

図書館や
古本屋を
利用したい。


正規な対価を
払はづ

得た情報は、


身に
付かなかつたり、

役に
立てることが
できない

ものである。

(了)

===========================

【金運アップの秘法】アマゾンより発売!

11月3日のアマゾン売れ筋ランキングで、最高位3位を獲得!

http://archive.fo/l4LCM

2013年以来、PDFファイルで販売させていだいていた
「金運アップの秘法」が、アマゾンのプリント・オン・デマンドで、
11月1日発売開始になりました。(ジュピター出版刊)

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/462490743.html?1541060733

お客様の注文に応じて一冊ずつ刷った本がアマゾンより届けられます。
(電子出版ではなく、紙媒体で印刷製本されたものです。)

アマゾンのみの販売で、一般書店では発売されません。

今まで、通常価格「1万円」でしたが、http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/kinunup/

ほぼ同じ内容で「税込み1188円」とかなり廉価で提供できるようになりましたので、
この機会に是非お申し込みください。

第八章と、「おわりに」を加筆してありますので、PDF版をお持ちの方も、
ご購入いただければと思います。持ち運びにも便利です。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/462490743.html?1541060733

内容は上記ブログから販売ページに入っていただき、
「なか見!検索」でご確認いただければと思います。

★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★

自分自身の運命を詳密に知りたい方はやはり紫微斗数です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/yuuryoukantei/


posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 開運の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする