2010年07月28日

スピリチュアル系の良書

スピリチュアル系の本はかなり以前からブームになっているが、
怪しい系のものも多い。

私が読んでこれは問題ない、参考になる、実践できる、勇気とやる気が出てくる、心の安寧を得られる・・・・

そのような本を選んでみた。

今日はその中でも特にオススメの書である。

・スピリチュアルマーケティング ジョー・ヴィターレー著 白川貴子訳
・お金持ちの法則「豊かさは与えたものに比例する」
ジョー・ヴィターレー著 白川貴子訳
以上2冊VOICE社刊
・「成功」+「幸せ」を手に入れる21の原則 
アーノルドパテント著 あさりみちこ訳
・「幸せのゴール」を呼び寄せるお金との付き合い方 
アーノルドパテント著 あさりみちこ訳

これらの本を読み返すことにより、私は落ち込むことがあってもすぐに立ち直ることができる。

本日は「スピリチュアルマーケティング」の五つのステップを紹介しよう。

第一のステップ 自分の望んでいないことを知る
第二のステップ 欲しいもの、したいこと、なりたいものを知る
第三のステツプ 意識を明晰にする
第四のステップ 願望が成就した時のすばらしい気分を味わう
第五のステップ 流れに身を委ねる

どれも大切な成功へのステップだが、私は第三のステップ、意識を明晰にするというところが一番大切だと思う。
簡単にいえば願望を実現するには迷いがあってはいけない。心が分裂することなく、統一されていなければならないということである。これはなかなか難しいことであるが、一方的に思い込む傾向のある人は似たような心境になりやすい。しかしこれは一念で押し切っただけだから似て非なるもので、意識の明晰化とは違う。外側だけを見て判断すると誤ることがある。

とにかく、上記4冊の良書は機会があれば読んでいただきたい。
啓発されることが多い上に、人間向上に役立つこと請け合いである。

ブログランキング協力お願いします↓↓クリック

人気ブログランキングへ

posted by あさひ at 23:11| Comment(0) | スピリチュアリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント