2010年10月31日

女性について その7

こんばんは、太陽館の荻原です。

昨日に続いて岩月謙司教授の「女性のオトコ運は父親で決まる」という本の続きを述べて行きます。
内容としては昨日の続きとなります。
(以下引用文)
― 一般に女性は「気持ちのいいもの(うれしい、楽しい、うまいという快の感情も含めます)を求め、心を満たすことに命をかけているのです。
当の女性はあまり意識していませんが、心が満たされることをもっとも重視しているのです。逆に言えば、気持ちいいものに対しては時間と金を惜しまないのが女性というものです。云々。
(引用文ここまで)
これに反して、男性は本来、女性に親切して悦ぶ動物であり、女性を愛して心が満たされ、精神的に強くなる生き物だということです。
男の私としては全く納得できることです。ところが女性はみんなに親切にされ、愛されて悦ぶ生き物なので、愛されてこそ精神が安定するものだというのです。
(以下引用文)
― そういう点では、男女は互いに相補的になっています。男女は互いに対極の世界に生きているからうまくいくのです。云々。
もうひとつ比較していうと、男性はイメージの世界で生きているので、形で満足してしまうのに対し、女性は自分の心が満たされるかどうかが重要ですから、形よりも実質を重視します。
その点でも対極にあるといっていいでしょう。云々
(引用文ここまで)
なるほど、男性が形で満足してしまうということは、私にはとてもよくわかります。女性には理解しがたいところかもしれませんね。
要するに、男性は社会から受け入れられるということが重要であるのに、それが女性には理解できないので、そのため社会人としての男性の不安を理解するのが難しいことになります。
窓際族の男性がラインから外されていても、何か特定の部署で名刺に肩書を入れられる地位を得たならば、それで満足するものですが、形だけで自我が安定することなどは女性には考えられないようです。
極端な例を挙げますと、男性は形だけのSEXでも満足してしまうのに、女性は形だけでは満足せず、心の世界に関しては非常に意識が高いということを著者は指摘しています。
結局、(以下引用文)― 女性が重視する世界とは、心の交流ができる世界です。受容的で暖かい、心の交流ができる世界を望んでいるのです。云々・・・・。
(引用文ここまで)即ち、女性は心と心のつながり、つまり(絆)を重視しているわけで、つながっていることの悦びが最も大事なことのようです。
(つづく)

☆..*∵☆.∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆..*☆

本日の言葉

お金やものの所有は、<確実な法則>に従って物事を行った結果としてめぐってきます。
同じ原因は同じ結果を生む、というのは自然の摂理です。
ですから、この<確実な法則>を覚えた人は、例外なくお金持ちになれます。

ウォレス D.ワトルズ著 幸せなお金持ちになる「確実な法則」 イーストブレス刊 より引用

☆..*∵☆.∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆..*☆



★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★
自分自身の運命を詳密に知りたい方はやはり紫微斗数です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

※総合鑑定キャンペーン価格継続中です。10000円⇒5000円

http://taiyoukan.0ch.biz/reference/kantei/sformmail.html

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

ブログランキングご協力お願いします。

人気ブログランキングへ
posted by あさひ at 23:58| Comment(0) | 女性論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント