2010年11月07日

男の弱さ

こんばんは、太陽館の荻原です。

先日は、日本の女性が如何に強いかを述べましたが、本日は男性の弱さについて述べてみます。
小林正観氏の文章より引用です。カギ括弧内は引用文
「男は実は生命力が弱いので、偉そうにしていて強そうに見せているのですが、実は支えてくれる人がいないと生きていけないように生物学的に神が造ったらしい。
女は一人でも生きていけます。そして、空っぽの箱である男は、女が"賞讃"という名のネジを巻くと、一気に抜きんでた人物になり、新しい文化・文明を作り出し、時代の先端を切り開いていく、という風に神は造ったらしい。
雷の日に凧をあげていたバカな男の子がいた結果として、その子がのちに電気を発見するするわけですが、そのような命があぶないようなバカなことを実行したり、変なことに興味を持つのは男がバカだからです。
つまり神様は、男と女の両方がいないと種が存続できないと同時に、そうでないと時代がすすんでいかないというふうに造ったらしいのです」

男にとって、馬鹿と言われることは容認できない部分もありますが、しかし自身の安全を確保することを善とするならば、男の行動は往々にしてこれを逸脱する傾向があります。
女は自己保身の念が強いのですが、そうした女からみれば男はバカな存在なのでしょう。
男は生命力が弱いという点も、あまり納得がいくものではありませんが、小林氏は次のように述べています。
「・・・・人間の体には4000ccの血液が流れています。男は裏相にしていますけれど、4000ccのうち四分の一の1000ccを失っただけで出血多量で死ぬんですよ。
すごく生命力が弱い。それに反して女性の方は、四分の三の3000ccを失ってもまだ死なない。ものすごく強い。いつ死ぬんだっていう問題です。(笑)
男の方はあまりにも弱い立場、存在なので、強がって偉そうにして、2000cc失っても死なないように装って女性に対するようになった。
女性の方はあまりに強すぎるので、ちょっと男性に弱さを見せないといけないというので、横座りをしてヨヨとないて見せたり、まるで2000cc失ったら死んじゃうような装い方をした。
つまりお互いに2000ccを装いながら折り合っているというのが、男と女の世界なのです」
人間の体は女性が基で、途中で変化したのが男性なのです。生物学的には男は女の亜種と言われています。
そのため男が体が弱く、男児は女児より多く生まれますが、成長の過程で死んで結局は同じ数になります。
平均寿命も女の方が七年も長いし、飛行機が墜落した時に生き残っているのはいつも女です。
山登りでも、女は途中で休憩すれば体力が回復しますが、男はそれ切り伸びてしまって動けなくなります。だから男の場合、一気に登らせなければなりません。
男は短期決戦には強いのですがが、持久戦になると弱いのです。女はその逆で、持久力があります。子供を産み育てる必要上、元々体が丈夫にできているのです。
シェークスピアの戯曲「ハムレット」に、「弱きもの、汝の名は女なり」という有名な科白が出てきますが、実際は「弱きもの、汝の名は男なり」とするのが正しいようですね。
男は弱いから、強い者から賞讃されると勇気百倍で自身がついてきます。だから元来強い女は男を褒めるべきなのです。
そうすれば男は一所懸命働くようになります。貶すのはもっともまずいやり方です。
世の女性のみなさん、男を褒めて褒めて褒めまくりましょう。そうすれば、世の中はもっと明るくなり、不景気も吹っ飛んで、
地上天国が現出してくるに違いないでしょう。

☆..*∵☆.∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆..*☆

本日の言葉

「・・・・わさわざお金儲けを考えなくても、お金を上手に使える人のところにお金は自然と集まってくるようになっているのです。」

苫米地英人著 「夢が勝手にかなう脳」講談社刊 より引用

☆..*∵☆.∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆..*☆



★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★
自分自身の運命を詳密に知りたい方はやはり紫微斗数です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

※総合鑑定キャンペーン価格継続中です。10000円⇒5000円

http://taiyoukan.0ch.biz/reference/kantei/sformmail.html

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
ブログランキングご協力お願いします

人気ブログランキングへ
posted by あさひ at 00:54| Comment(0) | 開運の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント