2011年10月19日

占ひチャットオフ会

ブログランキングご協力下さい。
吉方位に出かけ、クリックされた人に吉運をお分けできるよう祈念してバナーを貼りました。

人気ブログランキングへ

おはやうございます、太陽館の荻原です。

一昨日は占ひチャットの大阪オフ会に参加しました。

参加者は男性二名、女性二名の計四名で、平均年齢は四十五歳です。(私は四十六歳)

大阪・梅田で開催されたにも関はらず、大阪府民の参加は無しでした。ほとんど呼びかけをしてゐないので仕方ありませんが。

このオフ会は、去る六月に企画されてゐたものですが、直前に私が骨折して参加できなくなつたので延期になつてゐたのです。

大阪オフは、もう五年以上も前から企画されてゐましたが、何度も流れてゐました。当時はチャットも盛んでしたが、今はツイッター、SMSが主流でチャットは流行らない時代となりました。

今世紀当初はまだチャット全盛の時代で、私も毎晩参加してゐましたし、オフ会にも随分参加して、全国に友達が出来ました。

占ひチャットは六年前からの参加で、当時からの参加者とは今でも結構深い交流があります。それでも最近は大幅に参加者が減つてしまひました。なんとか細々と続けてをりますが。

昨年は名古屋オフを開催しました。六名の参加です。名古屋では計三回開催してゐます。今回参加者の内三名は昨年の名古屋オフで顔を合せてゐました。

初対面は一名でしたが、六年前からチャットや電話ではかなり話し込んでゐる方ですので、親友以上の関係が出来上がつてゐたともいへます。

名古屋オフでは私が幹事でしたが、今回は地元の参加者がゐないので、誰が幹事といふ取り決めもなく、会場も行き当たりばつたりで決めると言ふ、適当なところはありましたが、集合から散会まで計7時間45分、ほとんどが占ひの話で持ちきりでしたので、如何に参加者が占ひ好きかが判ります。

時間があればまだまだ話題が尽きないところでしたので、お泊りオフもあり得るかもしれません。夫々家庭を持つてゐますから、現実的には難しいでせうが。

7時間以上も盛り上がり放しでしたが、個人的な占ひの話題、鑑定に関することが主ですから、オフ会で話された内容をここに書くことはできませんが、参加者全員が楽しかつたと言ってくださいました。

占ひに興味がある方は先づはチャットに参加していただければと思ひます。http://mtomei.chatx.whocares.jp/

定例は毎日午後11時から(テレホーダイ時代の名残です)で、私は「あさひ」の名前で出てゐます。私の出席率は7割くらい。参加できない日ももちろんあります。当然のことながら参加は無料ですが、プロの占ひ師にタダで占つてもらふこともできることがあります。

以前は、男女出会ひの場としても機能してゐました。今も未婚者の参加がありますので、占ひ好きの恋人を求める人にはいいかもしれません。

是非、占ひチャットをご利用いただければと思ひます。


//////////////////////////////////////////////////////


☆紫微斗数について

紫微斗数を知ることは一生の得と思いますし、知らないことは一生の損と思います。それを金額に換算してみると、少なく見積もって2億円の違いがあると見ています。
この占術を覚えれば、自分自身をより一層深く知ることができ、いつ動き行動すべきかもわかります。家族や子どもの運勢も知ることができ、良い接し方ができるようになります。
知人を占ってあげれば、とても当たっていると、とても喜んでもらえます。そして、その人とどう付き合えばよいかがわかります。

しかも、副業として、鑑定の仕事もできるのです。紫微斗数は神様が人間一人一人をお造りになられた際の「設計図」とも言われています。
これを知ると知らぬでは、人生に格段の開きが出てきます。
通常、一つの占術をマスターするには、かなりの時間とお金がかかります。東洋占では四柱推命が精度の高い命術ですが、マスターするには10年はかかるといわれてますし、20年の鑑定歴のある専門家でも、まだよく解っていないと言われていました。

それに比べ、紫微斗数は比較的、というかかなりマスターし易い占術です。私は2時間1万円の料金で紫微斗数の通信講義をしています。
2時間を6回受ければ、プロとして最低限の知識を身につけることができます。ご興味のある方はお問い合わせください。

最近も、私の講義を受けた一人の女性が副業としてですがプロデビューしました。
その女性よりのメールを掲載させていただきます。

≪講義をしていただいて≫

私は、以前から副業で占いとカウンセリングを併用したものができないか
考えていたところに、荻原さんとの出会いがありました。
占いは前から勉強したいと思っていました。好きなものの一つです。

ただ、どの占いがいいのか、世の中にはたくさんありあすぎて悩んでしまいます。
ちょうど、正しいタイミングで荻原さんから鑑定をしてもらいました。お話しをしている中で
私が思い描いていた流れをちょっとのつもりで話してみると同時に、
私の星が占いにも向いていると言われビックリしました。

荻原さんのサポートや指導もきちんとしていますし、相談事もしていただいています。
荻原さんは色々な知識もありますし、楽しい方でもあります。
あとは、私のやる気次第ですが、本業があるのでコツコツと進んでいます。
心配しても回を重ねるごとに覚えていきます。

勉強も本業と同様奥が深いようですが、荻原さんのサポートの元、この紫微斗数を
習得して少しでもその人がその人の人生を生きられる手助けやきっかけになれたらいいなと
思っています。

http://shiondcom.blog87.fc2.com/ ←上記手記、紫音(シオン)さんのブログです
紫音さんも無料鑑定をされています。私とは違った、女性の観点からの鑑定が期待できると思いますので、申し込まれてみてはいかがでしょうか。
また、紫音さんは、離婚カウンセラーもされていて、とても優しい女性です。オススメです。

≪紫微斗数の講義を終えて≫

紫微斗数は荻原さんに講義を受けるまでは
全くの素人だったのですが、初心者でも紫微斗数は
習いやすいと聞いて、思い切って講義を受けてみる
事になりました。

荻原さんはいつも優しくて声に張りがあり、人生経験が
豊かで信頼のできる先生です。初心者でもわかりやすい
ように親切丁寧に一つ一つ時間をかけて教えて下しました。

講義を受ける事により紫微斗数の世界に触れる事ができ、
荻原さんのサポートのお陰でいつの間にか紫微斗数の絵を
描いたりブログを持ったりする所まで発展出来たのは
嬉しい事だなと思っています。

紫微斗数は簡単なようでなかなか奥の深い世界なので、
今後も個人的に勉強を続いていければと思います。

そしてご縁のある方の素敵な部分を見つけてお伝えし、
今後の方向性を決めていくきっかけとなるような
お手伝いをしていけたらと思います。

コノハ

コノハのなな色ブログ http://konohasibi.blog97.fc2.com/
紫微斗数アートの境地を開いたコノハさん。鑑定力も素晴らしいです。
無料鑑定オススメです。

//////////////////////////////////////////////////////////

挨星卦法。。(開運へ導く特殊な方位術)宗派を越えた神術、霊術理論を交えた開運法。幻の秘術『周易遁甲』とも呼ばれております。
この術は、いっさい文献等に活字化されることなく、口伝にて、水面下にて受け継がれています。
その現世利益の力は他の方位術をはるかに上回るものがあります。
距離40キロ以上、目的地に2時間以上滞在するときは方位に注意!!五黄殺、暗剣殺方位(九星気学のものではありません)の移動は強い凶作用の影響を受けます。そのような時はご相談ください。

挨星卦法。。(開運へ導く特殊な方位術)宗派を越えた神術、霊術理論を交えた開運法。幻の秘術『周易遁甲』とも呼ばれております。
この術は、いっさい文献等に活字化されることなく、口伝にて、水面下にて受け継がれています。
その現世利益の力は他の方位術をはるかに上回るものがあります。
距離40キロ以上、目的地に2時間以上滞在するときは方位に注意!!五黄殺、暗剣殺方位(九星気学のものではありません)の移動は強い凶作用の影響を受けます。そのような時はご相談ください。

平成23年6月5日の吉方位(更新できなくてすみません)

卯刻 「大盛運」「良縁・協力」
辰刻「ツキを呼び込む」
巳刻「ツキを呼び込む」
未刻「縁作り・金作り」
申刻「大盛運」
酉刻「平和」「縁作り・金作り」
戌刻「良縁・財運」「神の声を聞く」

監修 太陽館顧問 武田安弘
人生逆転のチャンス!!
お問い合わせはメールにて hiro21@owari.ne.jp

★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★
自分自身の運命を詳密に知りたい方はやはり紫微斗数です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

※総合鑑定キャンペーン価格継続中です。10000円⇒5000円

http://taiyoukan.0ch.biz/reference/kantei/sformmail.html

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

発行元:【太陽館】

http://taiyoukan.0ch.biz/

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
posted by あさひ at 08:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント