2013年06月26日

名刺相について その2

ブログランキングご協力下さい。
吉方位に出かけ、クリックされた人に吉運をお分けできるよう祈念してバナーを貼りました。

人気ブログランキングへ


金運アップの秘法


【ご好評につき延長決定!!】3万円でお伝えしていた内容がなんと5980円!

→ http://jump.cx/kinunup

(6月30日まで)


昨日の「名刺相について」の続きとなります。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/367444311.html?1372201715


一昨日に、「ここ1年くらいで交換した、数百枚の名刺

のほとんどが、凶相を帯びてゐたのです。」と書きました。


これは「名刺相」の無関心も意味しますが、

名刺相を知らなくても、成功する人は成功する名刺を作り、

失敗する人は失敗する名刺を作るものです。


名刺を作る時の無意識が働いて、

それが名刺に現れる訳です。


「相」といふものはさういふものでありまして、

顔相にしろ、手相にしろ、心の内側にあるものが、

形に現れたものと、簡単に考へればよいでせう。


名刺には、その人のビジネスに対する思ひが

すべて現れてゐると言へます。


さて、それでは凶相名刺とはどういふものかを

列記してみたいと思ひます。


1.「名前の位置が名刺の真ん中(正中線上)に無い。」


これは絶対ダメと言ふ凶相とはいへないかもしれませんが、

最近いただいた名刺で、このパターンは非常に多いです。

真ん中より上に名前があると、こなせない料の仕事を負ひ、

下にあると仕事に身が入らなくなると言はれてゐます。


ただし、裏方仕事の場合は、右上の位置(横書き名刺の場合)

はよいとされてゐます。


真ん中は自分自身を表しますので、

その位置に自分自身がゐないといふことは、

自分が主役ではなくなることを意味します。


これではビジネスは発展しないのではないでせうか。


2.「写真入りの名刺」

これは以前は凶相と言はれてましたが、

最近は外回りの営業職や政治家、芸能関係等、

顔を憶えてもらふ職業の人ならよいと

言はれるやうになりました。


ただし、むやみに何でもかんでも写真入りと言ふのも

考へものですので、慎重は要します。特に写真選びです。


3.「和紙、その他変わった素材の名刺、色つきの紙の名刺」

これも結構ありますね。これは凶相の典型といへます。


色つきの紙を使ふと、長期的展望を持ちにくく、

計画も杜撰となり、失敗が多くなる傾向と言はれてます。


色をつければ個性的でよいと思ふかもしれませんが、

多くの人に配る名刺は、あまり個性的でない方が

いいのかもしれません。

(続く)

============================

☆占い師への近道☆ ≪紫微斗数個人レッスン≫

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub4/

_______________

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/
posted by あさひ at 09:05| Comment(0) | 開運方位術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント