2014年05月29日

少食で大ピンチを乗り切る

ブログランキングご協力下さい。

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


金運アップの秘法


「開運の秘訣は少食にあり」とは、
当ブログでは何度も述べてゐることである。

何度も強調するのはそれほど重要なことだからだ。

実践してみると判るが、少食にすれば
不思議と運が良くなるものである。

そして災難避けにもなるといはれてゐる。

少食の目安は腹八分目である。
体が重くなるまで食べないといふことだ。

もう少し食べたいなあといふところで
止めておくことである。


それでも少食を実践し続けるのはなかなか難しい。

難しいと言つてゐるやうでは、
成功や出世は覚束ないのだが、

それでもやはり食べ過ぎてしまふのが
人間の性(さが)でもある。


人生にはいくつかのピンチが訪れるものである。
どん底に陥ることもある。

そんな苦境の時は、少食にすることにより、
比較的速やかに脱することが出来る。


私の場合はピンチに陥ると、強制的に
少食を強いられる事態となるやうだ。


もう二十年前のことになる。
まだゲームソフトの販売をしてゐた頃だ。

約1600万円の仕入れ代が支払へなくなり、
私は窮地に陥つてゐた。

仕入れ先からは強烈な追ひ込みをかけられてゐた。

そんな時は、食事も喉を通らないものである。

債権者の一人の社長に呼び出され出向いたが、
何故かその社長は都内の高級鮨店に私を連れて行き、
特上のにぎりをご馳走してくれた。

私は鮨は大好物なのだが、その時は全く喉を通らなかった。
鮨が喉を通らなかつたのはその時一回きりである。


その後数日間、食事は殆ど喉を通らない状態が続いたが、
問題は次第に解決の方に向かつて行つた。

これも少食の効果であろうか。

少食になるといふことを通して、運気は改善していくやうだ。

病気になつた時に、あまり食べられなくなつてから
快方に向かふのと似てゐる。

しかし、食事が喉を通らないといふ理由で、
結果的に少食になつたといふことでは、
まだまだ未熟といへる。


ピンチに陥つても、食事が喉を通るやうでは、
それは未だ本当のピンチとは言へないのかもしれない。

それでも敢へて少食することにより、
事態を好転させることが出来るものだ。


好調で調子に乗つてゐる時は、
つひ食べ過ぎてしまふものだ。

そんな時は衰運への道を辿つてゐるのである。

好調な時にも気を引き締めて、なほ少食を維持すべきだ。

そうすれば人生の大きな波は少なくなり、
運気は安定して来る。


ピンチに陥つたときは少食で乗り切る。
このことは憶へておいて損のないことである。

いつ遭遇するかわからない災難を避ける為、
今日も少食を守つていかうと思ふ。

============================

☆占い師への近道☆ ≪紫微斗数個人レッスン≫

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub4/

_______________


◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/


posted by あさひ at 08:00| Comment(0) | 開運の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント