2014年12月05日

地震予想が的中で子供達がびっくり

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ

一昨日の紫微斗数レッスン中のことであつた。

携帯に二十数年来の知人よりメールが入つた。

何事かと思ひ、授業中ではあつたがメールを開いてみると、
以下のやうな内容であつた。


ご無沙汰しています。
重要な情報が入って来ましたので、お知らせ致します。
地震研究者の村井教授が大地震を警告しています。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3777.html


この知人の父親は以前末期がんを患つてゐたが、
私の紹介した薬草療法で完治してしまつたことがあり、

それを恩義に感じてか、たまに有用情報を送つてくれるのである。

父子揃つて発明家でもあるが、今は健康療法家になつてしまつた。
以前は家族ぐるみの付き合ひがあつた、古い友人である。


村井教授のことは週刊誌で読んだことがあり、
知つていたので、さういふ情報が流れて来たといふことは、
これから大地震がいよいよ起るのかと思ひ、

レッスンを中断してwebサイトを開いてみたのである。


すると、来年初めまでに東日本大震災規模の地震が
起る可能性が高いといふ警告であつた。


取り敢へず今日これからすぐ起ることでもないやうであり、
以前から流れてゐる情報とも思はれたので、
すぐにレッスンを再開したのである。

その後、対面鑑定二件とお客様との食事会が有り、
家路へついたのは午後十時を過ぎてゐた。


地震の情報のことはすつかり忘れてゐたが、
帰路の山手線で思ひ出し、その地震情報を、
念の為、子供たち五人に転送しておいたのである。

地震に注意しろといふ意味合ひである。

村井教授の地震情報の評価は必ずしも一様ではないが、
備へあれば憂ひなしといふ軽い気持ちであつた。


ところが、それから一時間も経たないうちに、
娘たち三人から、「今地震があつた」「びびつた」
「こわい」などのメールが次々に届いたのである。

東京では全く揺れなかつたので、えっ!と思つたが、
岐阜で震度3の地震があつたらしい。

娘たちは名古屋や岐阜に住んでゐるのである。


図らずも私が予言した地震が当たつたやうな格好に
なつてしまつたのである。

私は別に予言をしたわけでなく、単に情報を流しただけだが、
タイミングがピタリだつたので、驚いたといふ訳だ。

子供たちからは「お父さんの情報は信頼性がある」と、
父親としての面目が立つたといふことだ。


災害は忘れたころにやつてくるので、
常に心しておくことが大切。

毎日「今日地震が起るかもしれない、
今日が最後の日かもしれないのだ」と
心して一日を始めるべきである。


私は子供の頃から、関東大震災を恐れてゐた。

関東大震災は必ず来て、私たちは
それで死ぬのだと思つてゐた。

住宅密集地帯の東京に居れば、地震が来たら、
全員が間違ひなく死ぬと信じてゐたのである。


だから大都会が恐かつた。

その後、私が東京を脱出したのも、地震が恐かつた
といふことが本当の理由かもしれないと思ふのである。


地震雷火事親父。(ぢしんかみなりかじおやぢ)

地震は恐ろしいものの筆頭である。


しかしこの本当の意味は、

自身神也家事親父(じしんかみなりかじおやぢ)であり、

自身(私は)神也(神なのであるから)
家事は親父(お父さん)であるあなたがしなさいといふ、

山の神恐妻一家の、奥さんの言葉であるのだ。


奥さんは神さんだから、「かみさん」と夫は呼ぶのである。

日本は女尊男卑の国であり、その名残の言葉が、
地震雷火事親父の本義なのである。


話が全く脱線してしまつたが、地震の話はまた次回にする。

(続く)

============================

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

◎紫微斗数個人レッスン再開しました≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

→ http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 開運の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント