2014年12月06日

地震予想が的中で・・・(その2)

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


昨日の「地震予想が的中で子供たちがびっくり」の続きとなる。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/410088010.html?1417738078


私はいつも地震が来てグラグラッと瞬間、
つひにこの日が来たかと一瞬覚悟するのである。

日本は地震国で、子供のころからいつか
大震災は来ると教えられてゐた。

私は東京生まれで東京育ちなので、
子供の頃から常に関東大震災の恐怖があつた。


震災六十周期年説といふのが子供の頃からいはれ、
当時はその時期に入つていたので、
大地震がいつ来ても可笑しくないと思つていた。

関東直下型地震が来れば、東京は全滅するだらうと
子供心に思つてゐたのである。


多分自分たちは若くして死ぬんだろうなと思ひ、
何となく虚無感と言ふものがあつた。

ノストラダムスの1999年地球滅亡も気になつたが、
多分それより以前に大地震で死ぬと思つてゐた。


二十一歳の時、東京を出たのは、潜在意識に
関東大震災の恐怖から逃れたいといふものが
少なからずあつたからだと思ふ。

東京のやうに、密集地帯でなければ、もし地震が来ても
大丈夫という思ひが子供のころからずつとあつた。


東京から離れてからも、用事で上京するたびに、
東京都区内に入つた瞬間から妙な不安と
緊張感が走つてくる。

こんなところで大地震に遭つたら、ひとたまりも
ないだらうな、といふ恐怖てある。

特に首都高速を自動車で走つてゐる時など、
さういふ気持ちが強くなる。


日本にゐる以上、どこにゐても安全なところは無い
と知つたのは、かなり後のことである。

東京では関東大震災が喧しくいはれてゐたが、
名古屋に移り住んだら、今度は「東海大地震」
が来るといふのである。

最近の地震では、都会での死者は皆無だが、山間部や、
海の近くの田舎部での死者ばかりなのであるから、
これは子供の頃に思つてゐたこととは全く逆だ。


もう40年も前から関東大震災が「来る、来る」といはれてから、
未だに「その時」は来てゐないのだが、ここまで来ると、
もう関東大震災なんて来ないのではとも思ふのだが、

その油断が危ないのである。

災害は忘れたころにやつて来るのだから。


私は「東日本大震災」の時は名古屋に居たので、
震度3しか体験してゐないのだが、東京では
震度6弱の揺れが有り、交通機関はストップし、

首都圏の交通はマヒしてしまつた。


私が子供の頃は、今よりも地震は
少ない時期であつたやうに思ふ。

東京で震度4といへば、かなり大事(おおごと)であり、
三面記事のトップにもなつたものだ。


私は震度6は体感したことがない。

しかし、震度5は体験してゐる。
昭和62年の「千葉県東方沖地震」である。

長女が生まれた年で、千葉県市原市に住んでゐた。


私はその瞬間、この世の終りが遂に来たと思つた。
それほどその時の揺れは衝撃的であつた。

(続く)

============================

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

◎紫微斗数個人レッスン再開しました≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

→ http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 開運の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント