2014年12月18日

【毎年恒例】風邪の対策(その1)

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


ここのところ毎日寒いですね。

冬なのだから寒いのは当たり前ですが、
風邪を引きやすい季節でもありますね。

私は毎年のやうにブログ・メルマガで
風邪の対策を述べてゐます。


それは、在り来りのうがいをするとか、
手をよく洗ふとか、ワクチンを打つとか、
さういふことではありません。

むしろ、私はそんなことは一切しないのですが、
滅多に風邪を引くことは無いのです。


今年も毎年恒例の風邪の対策を
述べたいと思ひます。


風邪の対策と言つても、予防段階のことと、
引いてしまつた後のことと両方あります。

私はその両方の対策を考へてあります。


風邪は引かないことに越したことはない
と思ふのですが、風邪は身体の大掃除
といふことで肯定する考へもあります。

身体の大浄化です。

体毒を出し切る為に、たまに風邪を引くのも
健康にいいのではないかといふ人もいます。


これは実際、風邪を引いてしまつた時には
有効な考へで、私などでも、自分や家族など
周りの人が風邪を引いた場合は、

「大浄化、大浄化」といふ言葉を
思はずマントラのやうに唱へてゐます。


そんなことをしてゐると風邪の辛さも
和らぎますし、何となく回復も
早いやうな気がします。

身体も実際浄化された感じがします。


風邪を引いたと感じたら風邪薬を
飲む人が多いと思ひますが、

風邪薬は原因となるウイルスに
対処するものではなく、
症状を緩和するだけです。


問題なのは、その薬品成分の多くが、
副交感神経の働きを抑へ、交感神経を
刺激してしまふことです。

このため、働き過ぎで疲れてゐる人が、
風邪薬を飲むと、ただでさへあまりよくない
血行がさらに悪くなるといふ訳なのです。

血の巡りが悪くなれば、低体温を招き、
免疫力が下がつてしまひます。


これでは、一体何のために薬を飲んだのか
分らなくなるでせう。

体を温めて安静にしてゐた方が
余程効果的なのです。

医学の世界でも、風邪に有効な治療法は
無いといはれ、予防が大切とされてゐます。


しかし、実際風邪を引いてしまつたら、
風邪薬に頼りたくなる気持ちはよくわかります。

何として辛さを抑へたいですし、休養が大切と言つても、
どうしても仕事を休めないときもあります。


さういふ時は、風邪薬でなくなるべく自然に近い
対処法を使ひたいものです。

私が使つたのはハーブ(薬草)でした。

そのことを皆さんに紹介したいと思つたのです。

(続く)

============================

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

◎紫微斗数個人レッスン再開しました≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

→ http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント