2015年02月16日

【断糖肉食】食は運命を左右する

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


当ブログではここのところ、糖質制限、
断糖肉食の記事が多くなつてゐます。

自分で実践してみて心身の調子が良いので、
それを皆さんにお伝へしたい気持ちが強いのです。

単なる糖質制限だと誤解が生じる
可能性があるので、「断糖肉食」の語を
使ふことにしました。


私も健康オタク歴三十有余年、
色々な健康法を実践してきました。

食事法でも、断食、少食、玄米菜食、
エドガーケイシ―療法、ナチュラルハイジーン
等をやつて来たのであります。


「断糖肉食」は今までとは全く違う方向への
転換となりますから、色々思ふところはあります。

今までは肉食否定、穀物食、菜食礼賛の
時期もふつたのですから、大いなる方向転換です。


それでも、現実に体調や精神状態が
とても良くなつてゐるのと、

「人間は元々肉食動物だつた」といふ仮説が、
どうやら真実に近いのではと思ふやうになつて
きたことので、「断糖肉食」を実践し続けてます。


江戸時代の観相家、水野南北は、
「運命の吉凶は食で決まる」
と言ひました。

そして少食が運命を良くすると説いたのです。

運命の吉凶は食で決まる、食は運命を左右する、
といふのは本当だと私は思ひます。


少食は運命を良くするといふのはどうでせうか。

確かにそれも本当のことで、腹八分目は、
健康にも運命にも良い事は実証されてゐます。


「断糖肉食」は腹一杯食べても良いとされてゐます。
栄養をたつぷり摂りなさいといふのです。

これは「少食のすすめ」と矛盾を感じる人がゐるかもしれません。


水野南北の少食の提唱は、「糖質を少なく摂る」
といふ意味に捉へれば、その矛盾は少し解決に
近づくかもしれません。

その当時は、米をはじめとした五穀が貴ばれ、
肉食はほとんどされてゐなかつたのですから。

糖質を摂る量が減れば、確かに健康になり、
運命が良くなつても変ではありません。

(続く)

============================

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

◎紫微斗数個人レッスン再開しました≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

→ http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 開運の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント