2015年08月25日

無限供給を受ける道6―受け取ることも大切(過去の記事より)

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


出張中につき、本日も過去の記事を掲載します。

(2011年8月13日のブログより
適宜改行、修正有)

【本日の言葉】

われらは一物も所有していない。
大いに楽しく生きていこう。

光り輝く神々のように、喜びを食む者となろう。

―ダンマパダ(法句経) 第十五書・200 より―

☆..*∵☆.∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆..*☆

「無限供給を受ける道(その5)」
の続きとなります。


無限供給を得るためには、
先ず与へるといふことが
非常に大切なのですが、

それと同等に大切なことが、
「受け取ること」なのです。


「受け取ることより、
与へることの方が尊い」

といふ人もゐるかもしれませんが、

スピリチュアル的にいへば
「受け取る」と「与へる」には
違ひがないといはれてゐます。


ところが意外に、
受け取るといふ行為が
苦手な人も多いやうです。

例へば、頼まれ事をした時に
予期せぬ報酬を
頂くことがありますが、

中には潔癖な性格の人がゐて、

これを受け取らない
ことがあるのです。


小林正観氏はそれは
心違ひであると、

『お金と仕事の宇宙構造―長者さま養成講座』
(宝来社)の中で指摘されてゐます。


「頼まれ事をすると、3つのうちひとつは
有料を提示されますが、そのときに、
『そのつもりでなかったので受け取れません』

と言うのを『傲慢』といいます。

『ありがたく受け取らせていただきます。
ありがとうございます』

と言って受け取るのを『謙虚』といいます。

これは何故かと言いますと、
自分の手元に来るお金を

自分のものと思っているから
『傲慢』なのです。

自分のものだと思うから断るのです。

それは違います。

『私』のところへ来たお金は、
『私』が宇宙の流れの中で
一時預かりするだけです。(中略)

だから、『預からせていただきます』
と言うのが正しい言い方です。

お断りするというのは、
自分のものだと思っているからです。

お金は自分のものではありません。
ただ通り過ぎていくだけです。」

(引用ここまで、適宜改行)

お金が一時預かりで
しかないといふのは、
全く正しいことで、

金は天下の回りものと
いふことも

同様のことだと思ひます。


与へるだけでなく、
受け取るといふことも

非常に大切であることは
是非とも知つておくべきことで、

受け取りを拒否することは
自然の流れを滞らせることとなり、
非常によろしくないのです。

(未完)

============================

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

◎紫微斗数個人レッスン再開しました≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

→ http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 開運の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント