2015年12月19日

子供を幸せに育てるには(その2)

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


昨日の「子供を幸せに育てるには(その1)」の続きです。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/431288418.html?1450400762


子育てで大切なのは
母親の態度(日々の心境の安定度)と

父親が遊んでやること、スキンシップ
であることを昨日は述べた。

今でもさう思ふので、これからまた
子育てをせよといはれたら、
同じことをするに違ひない。


あと、適度な躾けも必要と思ふ。

これは常識的な範囲で、

子供本人の生命を守るためと、
他人に迷惑をかけないといふ
二点に於いてある程度は必要だ。


「躾」という字は「身」が「美」しい
と書くが、これは漢字ではないらしい。

我が国で出来た「国字」だといふ。

ならば最低限の躾けは必要だらう。


もちろん、行き過ぎた躾けは、
問題外だ。

体罰を伴ふ躾けは不要であると思ふ。

私は子供たちに手を上げたことは
一度も無いが、それで問題が
起きたといふことも無かつた。


また、必要以上に子供を誉めたり、
おもねたりすることも宜しくない。

何事も行き過ぎは
良くないといふことである。

ここでもバランスが大切だ。


「リアリティ・トランサーフィン」では、
次のやうに書かれてゐる。

「・・・・・・赤ん坊は必要以上に誉められると、
そうされることが有害なことから、すぐにだだをこねる。

あなたが赤ん坊におもねると、赤ん坊は、あなたを
軽蔑するようになるか、または少なくとも
敬意を払おうとしなくなるのは確かである。

子供をよく躾けられたお利口さんに
育て上げようとして全力を注ぐと、

ほどなくその子は通りをうろつく
不良グループと付き合いはじめるだろう。

子供を天才児にしようとすれば、
学業にまったく興味を失うだろう。

子供をありとあらゆるクラブや塾へと
積極的に通わせようとすると、

その子が灰色の人格を形成しながら
育っていく確率はその分高くなっていく。」

※「リアルティー・トランサーフィン」
ヴァジム・ゼランド著 徳間書店刊

(170頁〜171頁より引用、適宜改行あり)

どうだらう、上記トランサーフィンからの
引用文には、それに当てはまる(思ひ当たる)
人もゐるのではないだらうか。


「お利口さんに育て上げようとして全力を注ぐ」
「子供を天才児にしよう」
「ありとあらゆるクラブや塾へと積極的に通わせよう」

これらは本当にありさうな話しである。


しかしそのやうな「行き過ぎ」には
「平衡力」(解消しやうとする力)が働き、

意図することと正反対の
事象を生み出すのだ。

あなたの試みはいとも簡単に
崩れ去ることになる。

(続く)


============================

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

◎紫微斗数個人レッスン再開しました≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

→ http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 子供の教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント