2016年02月22日

【開運】歴史的仮名遣ひを使ひませう(2)

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


昨日の「【開運】何故、歴史的仮名遣ひを使うか」
の続きとなる。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/434037342.html?1456012072


本日も私が歴史的仮名遣ひを
使ふ理由について、

以前にブログ・メルマガで
書いた記事を編集して
再掲することにする。


〜過去記事編集分ここから〜

私が言ひたいことは、
歴史的仮名遣ひのすすめである。

これは色々利点があるが、
私なりの運気向上法でもある。


歴史的仮名遣ひにすると、
何より気分が良くなる。

日本人としての誇りも
取り戻せる。

日本人の祖霊との絆を復活できる。


歴史的仮名遣ひに
チャレンジしてみやうと思う人は、

「旧かなづかひで書く日本語」
萩野貞樹著 幻冬舎新書、
「旧字力、旧仮名力」
青木逸平著 生活人新書

この二冊を取り合へづお勧めしたい。


私が学んだ三十年前には
福田恒存の「私の国語教室」
くらゐしかなかつたのであるが、

今は先に掲げた二冊以外にも
役に立つ本があるであらう。


とにかく歴史的仮名遣ひを
今からはじめてみたいといふ人の為に、

歴史的仮名遣ひの基本原則が
書かれてゐる部分を上記の
「旧字力、旧仮名力」から引用させていただく。


「旧字力、旧仮名力」137頁より引用

1.語中語尾の「わいうえお」は
「はひふへほ」になることがたいへん多い。

2.「い」は「い・ゐ」、「え」は「え・ゑ」
「お」は「お・を」の表記がある。

3.「じ」は「じ・ぢ」、
「ず」は「ず・づ」の表記がある。

4.オウ列はアウ列の表記になることが多い。

5.「しょう」など拗音の表記は
複数通りあるので注意が必要。

6.「ゅ」「っ」などの拗促音は
小さくしないで並字で書くのが原則。

以上引用終り。

上記を先づは押へておき、他にも
一定の法則のやうなものがあるので、
だんだん類推ができるやうになる。


朝の挨拶のは「おはよう」でなく、
「おはやう」なのであるが、
その理由は簡単である。

「おはよう」は、「お早う」なので、
「早い」「早し」の語幹「はや」は
あくまで生かして、

「おはやう」でなくてはならないのだ。


「はやう」は「はやく」の音便で
「く」が「う」に変化したものである。

発音上も、「よ」は口を
すぼめた形で発音するが、

おはようの「よ」は口を
すぼめたりしないだらう。


比べて、語頭の「よ」は
若干口をすぼめる感じである。


「ありがとう」はありがたくなので、
「ありがたう」が正しい。

美しうを美しゅうと書くのは
耐へられない。

ウツクシューと発音はしないでせう。
美しくが意識の下にあるので、
「シウ」に近い発音になつてゐると思ふ。


なので、以前にも書いたが、
「こーゆー」とか、「そーゆー」とか
書いてあるのを見ると、

吐き気さへ催すのである。

こんな書き方は自己の品格を
貶めるだけである。

歴史的仮名遣ひ、正漢字については
また別の機会にも述べたいと思ふ。

============================

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

◎紫微斗数個人レッスン再開しました≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

→ http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

posted by あさひ at 03:26| Comment(0) | 美しき言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント