2016年03月14日

【子沢山の相】小中学の先輩と対面

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


三年程前から、
プロ棋士「大野八一雄七段」の
運営する将棋教室で、

指導の手伝ひをしてゐます。
(埼玉県川口市)

http://blog.goo.ne.jp/chein810

大野七段は、将棋の兄弟子です。

私が十四歳の時からの
付き合ひで、

奨励会(プロ棋士の養成機関)時代
には大変お世話になりました。


将棋指導の手伝ひは、
大野七段と、将棋界への
恩返しの意味もあります。

1428223743025.jpg

(私の三面指し指導対局風景)

生徒は小学生から
七十代の方までと
年齢層は幅広いです。


その生徒の一人に
千葉県から二時間近くかけて
熱心に通はれてゐる、

Yさんといふ方がゐます。


もう一年数ヶ月くらゐ
通はれてゐる方ですが、

今まで私とは、
来られた日に一局程度
指導をさせていただく程度で、

特にその他の会話をしたことも
ほとんどありませんでした。


ところが最近、Yさんについて
意外なことを知りました。

先ず、お子さんが七人も
をられるとのこと。

息子さんが二人に
娘さんが五人とのことでした。


私も九人の子供がゐて、
息子二人に娘七人ですから、

互ひに子沢山といふことで
意気投合したのです。

中目黒小の先輩と.jpg
【これが子沢山の相だ!右がYさん、左は私】


子供が多いと、人から
「何か宗教にでも入つてるのですか?」
と聞かれることが多いのです。

そんな話をしながら
盛り上がつてゐると、

出身地の話しになり、


私は東京目黒区の
出身なのですが、

Yさんも目黒生まれの
目黒育ちだといふのです。


これには大変驚きました。


さらに伊勢脇通り(目黒銀座)
の近くに住んでをられた
といふことで、

小学校は中目黒小学校、
中学校は目黒二中の卒業と、
これも全く私と同じなのです。


当時の住まいは歩いて
六〜七分という近さでした。

何と言ふ奇遇でせう。


ただ、Yさんは私より
六歳上ですから、

私が小学一年の時、
Yさんは中学一年に
なりますから、

学校で一緒になつたことは
ありません。


それでも、卒業以来三十余年、
小学校、中学校の卒業生に
出会つたのは初めてのことで、

これは大変珍しいことです。


それはYさんにしても
同様のことで、

こんなことは初めてだと
いふことでした。


目黒二中も数年前に、
生徒数が少なくなり
廃校になつてしまひました。

寂しい限りです。


Yさんと中目黒小と
目黒二中の校歌を
合唱しやうと思ひましたが、

他の生徒も居る手前、
さすがに止めにしました。


その後も中目黒近辺に関する
よもやま話で盛り上がり、

伊勢脇通り商店街(目黒銀座)の
昔にあつたお店の話しは、
特に楽しかつたです。


洋菓子店、洋食店、スポーツ店、
レコード店などの話が出ましたが、

銭湯の話しが出た時、Yさんとの
共通点がまた出て来たのです。


その銭湯にはとても可愛い、
Kさんといふ一つ違ひの
姉妹がゐて、(経営者の娘)

その一人は私の同級生でした。

中三の時、同じクラスに
なつたと思ひます。


一つ上のお姉さんも
とても綺麗でしたが、

私は同級のKさんに秘かに
恋心を抱いてゐたのです。


そして、その彼女のお兄さんが、
何と、Yさんの同級生だつたのです。

銭湯の美人姉妹の事は、
Yさんも知つてゐました。


Kさんとは、中学卒業後、
十八歳の頃に街でバッタリ会つて、

「うちの銭湯に入りに来てよ」
といはれたのですが、


彼女が番台に出てる
といふ噂があつたので、

なんか恥づかしくて
行けませんでした。
(小学生の頃はたまに行つた)

今思へば、その時堂々と行つて、
裸になればよかつたのだと
悔やまれます。


この日は色々と奇遇が重なり、

また、昔の淡い恋心を思ひ出し、

とても印象に残る
一日となりました。

============================

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

◎紫微斗数個人レッスン再開しました≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

→ http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント