2019年02月28日

【太陽館】《類は類を呼ぶ》類で無いものは反発する

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


【太陽館】鑑定・講座メニュー

まずはこのページをお読みください。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/kanteimanu/

あなたに合ったメニューをお選びください。

人生百般の悩み、問題解決に役立ていただけます。

============================

このブログ
(メルマガ)
では

何度も
述べてゐる
ことですが、


この世は

心で
思つた通りに
なる世界です。


そのことを
「思考は
現実する」

(成功哲学)とか、


「唯心所現」

(仏教)などと
いふのです。


「心の法則」
とも言つて、

それは、


「類は類を呼ぶ」

「類でないものは
反発する」
といふ

二つの法則から
成り立つて
ゐるのです。


この真理
(法則)は

単純では
ありますが、

是非とも
知つておくべき
ことで、


これを
知つてゐると、

人生は心で

支配できる
ことになります。


「類は類を呼ぶ」

「類でないものは
反発する」

このことを
簡単にいふと、


「似たものは
寄つて来る」

「似てないものは
寄つて来ない」

といふことに
なります。


私たちが
災難や不幸に
遭ふのは、

災難や不幸が
向かふから


勝手に
やつて来ると

いふことでは
ないのです。

それは
自分の心が
呼んだのです。


嫌なことが
起つたり、

問題が
起るのも、


それは
自分自身の
心の内に、

同じような
性質のものが
あり、


それを自分で
呼び寄せて

ゐるだけの
ことなのです。


かういふ
ことを

認めたくない
人も

居ると
思ひますが、


これは
厳然とした

真理であり、
法則なのです。


これは認めて
しまつた方が、

得な法則だと
思ひます。


何故なら、
それを活用して、

災難を
避けることが

出来るから
です。


心の中で
いいことばかり
思つてゐれば、

類で
ないものは

反発する
といふ法則が
発動し、


災難を
遠ざけることが

出来る訳です。


暗い心は
暗い事象、

即ち、
不幸や災難を

引き寄せる
ことに
なりますが、


逆に
明るい心を
持てば、

不幸や災難は
遠ざかり、


明るい出来事、
幸運と福が

やつて来るの
です。


あらゆる徳の
中で、

「明るさが
第一の徳で
ある」

といはれる
のは、


当に

さういふ事
なのです。

============================

【金運アップの秘法】アマゾンより発売!

11月3日のアマゾン売れ筋ランキングで、最高位3位を獲得!

http://archive.fo/l4LCM

2013年以来、PDFファイルで販売させていだいていた
「金運アップの秘法」が、アマゾンのプリント・オン・デマンドで、
11月1日発売開始になりました。(ジュピター出版刊)

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/462490743.html?1541060733

お客様の注文に応じて一冊ずつ刷った本がアマゾンより届けられます。
(電子出版ではなく、紙媒体で印刷製本されたものです。)

アマゾンのみの販売で、一般書店では発売されません。

今まで、通常価格「1万円」でしたが、http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/kinunup/

ほぼ同じ内容で「税込み1188円」とかなり廉価で提供できるようになりましたので、
この機会に是非お申し込みください。

第八章と、「おわりに」を加筆してありますので、PDF版をお持ちの方も、
ご購入いただければと思います。持ち運びにも便利です。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/462490743.html?1541060733

内容は上記ブログから販売ページに入っていただき、
「なか見!検索」でご確認いただければと思います。

★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★

自分自身の運命を詳密に知りたい方はやはり紫微斗数です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/yuuryoukantei/


posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 開運の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント