2017年08月09日

「そうじ力」であなたが輝く!



商品の説明


内容紹介

『夢をかなえる「そうじ力」』待望の続編!

「あなたの部屋は、あなた自身です」

あなたの部屋はキレイですか?
もし部屋がゴミやヨゴレで汚い場合、運もツキも全部逃げてしまっています。それどころか、不運まで呼び込んでいるのです。でもその不運の原因はあなたの部屋のヨゴレにあるのですから、そうじさえすれば、今までの不幸なあなたをリセットし、幸運を呼び込むことができるのです。なぜならそうじには、マイナスを取り除き、本来のその人の能力を発揮させるパワーと、プラスを引き寄せ、どんな夢をもかなえるパワーがあるからです。

この魔法のようなパワーを「そうじ力」といいます。シンデレラ、白雪姫……幸せなお姫さまはみんな「そうじ力」を使っていました。あなたも、「そうじ力」であなた自身を輝かせましょう!

出版社からのコメント

各部屋が汚れていると、人生にどのような影響を及ぼすのか? キレイにするとどういういいことが起こるのか? ということが書かれています。原稿が届くたびに、私も実践してその効果を実感しました。前作同様、著者自身のエピソードはおもしろく、同時にほろっとさせられます。
posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | お勧め図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「感謝」で思考は現実になる



内容紹介

シリーズ35万部突破!
『こうして、思考は現実になる』の著者、パム・グラウトが
ついに「正しい感謝の方法」を解き明かした!

「思考」の大切さは知っているというみなさん、
今度は「感謝」のものすごいパワーを知るときです。

本書では、4週間で「願望実現体質」になるための
20のゲームを収録しています。
誰でも簡単にできる驚きの方法を、すぐにためしてみてください!
posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | お勧め図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一生の運勢を読み解く! 紫微斗数占い



内容紹介

紫微斗数占いとは、中国、とりわけ台湾で人気のある、その人の旧暦変換した生年月日時をもとに運命や運勢などを判断する占いです。その歴史は古く、唐末から宋の時代にかけて生み出されました。それから今なお根強い人気を誇り、ご当地である台湾では人気ナンバー1の占術として親しまれています。
紫微斗数占いでは西洋占星術と同じように、命盤(その人の生年月日時より作成される固有の図)から運勢や吉凶判断をさまざまに読み解いていくわけですが、他の占術と異なり、数多くの星を配置して読んでいくことにその特徴と「当たる」要素が秘められているわけです。
このように、高い人気と的中率を誇る一方で、その占い方は難解だと思われがちでした。そこで、本書では初歩の方でもすぐに始められるよう、イロハのイからスタートし、解説をしていきます。
まずは紫微斗数占いを学ぶ前提としての「占い」についての基本要素のおさらいから始まり、紫微斗数占いの構成要素である、・十二宮、・甲級主星、・乙級主星、・乙級副星の紹介、そして命盤作成の手順。作成手順には丸々1章を割いて丁寧に説明します。
命盤が出来上がった後は、どのような流れで読めばよいのかを解説。重要な星(甲級主星)がどの宮に入ったことでどう読み解くかを網羅しています。ケーススタディもありますので、実際の鑑定現場ではどのような読み方をされてるのかもリアルに体験できるはずです。
また、本書ならではのポイントは、紫微斗数天干四化飛星(四化飛星という独特の読み方が紫微斗数にはあるのです)の40パターン解説です。これはまったくの初心者にはやや難しいと思われるかもしれませんが、本邦初ともいえるパターン解説です。もちろん、難解といっても、自分が該当するところを読めばよいだけです。
豊富な命盤作成用のシートから暦、命盤作成に必要なすべてのデータなど、巻末資料も豊富に取り揃え、「占い選書シリーズ」最大の400頁超となっています。
ボリューム満点ながらも、詳細でわかりやすい本書は紫微斗数占いを学ぶにうってつけの1冊です。
「紫微斗数の魅力とは、「とても鑑定に使いやすい占術」だということではないかと思います。また、初歩の方には、紫微斗数の「星の個性と、その色彩の豊富な特徴」をたくさん知って興味を持っていただき、この「叡智なる占術」を学習していただきたいと思っています。」著者より
なお、斯界の重鎮である東海林秀樹氏が監修をしている点も特徴の一つです。
本書のタイトルの通り、紫微斗数占いを学べば、自分の一生の運勢や吉凶がわかります。ぜひ、本書で台湾人気ナンバー1の占いを体験してみてください。
posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | お勧め図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする