2014年12月08日

十二月八日(世界中が歓喜した日)

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


地震の話の続きをしやうと思つてゐたが、
今日は十二月八日である。


この日は何かと感慨深い日だ。

日米開戦の日でもあり、ジョン・レノンが
射殺された日でもある。

個人的にも色々あるが、良い思ひ出といふ訳では無い。

この日のことについては、過去のブログでも述べたのだが、
最近の読者も増えてゐるので、以前の記事を加筆修正して、
再掲することにする。


再掲文ここから(2010年12月9日のブログより)

昨日は12月8日でした。ずつと印象に残る日
であつたのですが、最近はそれも薄れつつあります。


真珠湾攻撃の日として12月8日は印象付けられています。
日本中が挙つてて湧いた日です。

多くの人は今まで積もり積もった鬱積が
吹つ切れたような感覚を持つたやうです。


その後は初戦の華々しい戦火はあつたものの、
戦況は次第に厳しくなり、つひに昭和20年には
国土は焦土となり、8月15日の敗戦へと向かつていくのです。

多くの犠牲者を出した指導者の無策の責任は
あまりにも大きく、万死に値すると言へますが、

物事の表層だけを見ることなく、歴史の大きな流れで見ると、
起こるべくして起つた現象とも言へます。


精神分析的に言へば、
「戦争は人類の潜在意識の罪悪意識の自己処罰の表れ」
といふカール・メニンジャー博士の言葉があります。

スピリチュアル的に言へば、霊界での民族同士の戦い、
もしくは魔界の関与という捉え方もあります。

現象的に言へば、戦争が無くならないのは「戦争屋」の
存在があります。死の商人、軍需産業の存在です。


さういふ人たちは世界各地に紛争の
火種を常に作つておきます。

表向きには平和を唱えてゐる人達も
さうなのですから始末に負へません。


現在の東アジアの不安定も、自然発生的に起こったものではなく、
人為的に作られたと見る方が正しいでせう。

東アジアの不安定により利益を得るものがゐるといふことです。


日本人は性善説の人が多いので、さういふ見方を
避ける傾向にありますが、世の中常に真実を
捉へていかうと言う心意気は大切です。

国民一人一人が冷静に対処して、決して
戦火の起らないやうにしていかなくてはなりません。


私は昭和40年生まれですが、子供の頃、
戦争があつたのは大昔のこととしか思へませんでした。

先後わずか20数年だつたのですが、さう思つてゐました。

今の時点から20年前を考へると昨日のことのように思います。
結婚してから25年。それも昨日のことのやうに感じます。


といふことは、私が子供の頃というのは、戦争の時代と、
とても近かったんだなあと思います。


また、12月8日と言へばジョン・レノンが
射殺された日ですが、それからもう三十年も経つんですね。

その日のことはよく憶へてゐます。


中学三年でしたが、学校から帰宅すると、父だつたか母だつたか、
「ジョン・レノンが撃たれたぞ」とすぐに話しかけてきました。

早速テレビをつけてみると、ちょうど「3時のあなた」
という番組で報道されていました。

ジョンの当時の新作「スターティング・オーバー」が流れていました。


この時のショックは計り知れないものがありました。

私は小学5年生ころからビートルズマニアになっていました。
英国オリジナル版のLPはすべて持つてゐましたし、
公式発表曲の213曲はすべて所持してゐました。

すべての歌を歌ふことができました。

毎晩ビートルズを聴きながら眠りに入りました。

ビートルズで英語を覚へました。


毎年東京九段会館で行われていた、「ビートルズ復活祭」
といふフイルムコンサートにも毎回参加してゐました。

マニアになった当時はまだ解散6年後くらいでしたが、
友人でビートルズを知つてゐる子供は
ほとんどゐませんでした。

ですので、私がビートルズを友人たちに広めていきました。


小学生の頃は、ベイシティローラーズといふ
現役のグループがロック好きの子には人気がありましたね。

今はテレビ番組やCMのBGMで無数にビートルズ曲が
使はれていますが、子供の頃は少なかったですね。

唯一三ツ矢サイダーのCMで、「ラブ・ミー・ドゥ」や
「プリーズ・プリーズ・ミー」が使はれていたのが
印象に残っています。


小学6年の時、テレビで、ビートルズの二作目の
主演映画「ヘルプ」が放映されて、
それを見た友達がみんなファンになっていきました。

当時ビートルズの各メンバーはそれぞれソロや
別のバンドで活動していた頃ですが、
日本での露出は少なかつたですね。


ジョン・レノン射殺された年の1月、ポール・マッカートニーの
日本公演が予定されていて、来日したのですが、大麻所持で逮捕。
コンサートは幻のこととなりました。

1980年はビートルズファンにとってとても悲しい年でしたね。


しかし、ポール逮捕の時、私は生でポールの
実物に遭遇することができました。

ポールは逮捕されてから、東京目黒の麻薬取締事務所に
護送されてきてそこで取り調べを受けていました。

その麻薬取締事務所が私の住んでいた家から
三百メートルくらいのところにあつたのです。


ですので、ポールの護送の瞬間を見やうと
近所の人たちは野次馬となって集まっていました。
夜でしたので私も現場を見に行きました。

取り調べが終わり、ポールが取締官に誘導されて
事務所の二階から降りてきました。

フラッシュが一斉にたかれましたが、
ハッキリとポールを見ることができました。


実は、その麻薬取締事務所の入り口門扉は
鉄工所を経営していた私の父の作つたものです。

そして、私は父の手伝ひをしてその門扉のペンキを
塗つたのですが、ポールはその門扉をくぐつたのです。

小さなことですが、ポールとのつながりを感じ、
感慨深いものがありました。


ジョン・レノンの射殺された翌日、中学に登校すると、
高校受験が近かつたにも関はらず、クラスでは
ジョン・レノンの話題で持ちきりで、

ビートルズのことをみんなで語り合ったのを憶へてゐます。


ビートルズの再結成はいつかなされるものと私は信じてゐて、
楽しみでもありました。それが永遠に断たれたのです。

その絶望感はやりきれないもので、
悲しみを通り越して涙も出ませんでした。

でも、泣いている子もゐましたね。
ジョン・レノンは40歳でこの世を去りましたが、
私ももう45歳になりました。信じられません。


生のビートルズメンバーとの遭遇としては
ジョージハリスンの東京ドーム公演にも行きました。
エリック・クラプトンも一緒でした。

解散後のジョージの曲は名曲が多く大好きでしたが、
そのコンサートは退屈で途中で寝てました。

ビートルズ熱もさめていたんでしょうね。
そのジョージも癌で死んでしまひました。


今はユーチューブで貴重なビートルズの映像が
いくらでもみることができます。

子供の頃にみることができたらさぞ興奮したことでせう。

昨日(12月8日)もさして大きな感慨を持ちませんでした。
確かにビートルズの曲は今聴いても新鮮で
素晴らしいです。カラオケでもよく歌ひます。


ただ、私も波動が浄化されてきたせいか、
ちよつと違ふものになつてきているやうです。

眠りに入るときの曲がビートルズでは
リラックスができなくなつてゐます。

ですが、歳をとつたらバンドを組んでビートルズの
コピーを演奏したいと言ふ希望はありますね。

以上、引用終り。

日米開戦については、再び明日にでも述べたいと思ふ。

(続く)
☆..*∵☆.∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆..*☆

本日の言葉

本心から、幸せになりたいと願ってるのかい? じゃあ手はじめに、今の自分、今持っているものを大切にすることだね

―ベンジャミン・ホッフ『タオのプーさん』

============================

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

◎紫微斗数個人レッスン再開しました≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

→ http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 歴史・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

戦争について 4(過去のブログを編集)

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


金運アップの秘法


多忙につき、本日も過去のブログを掲載します。

今月は大東亜戦争に関連がある月なので、
戦争に関する記事を編集してみました。

昨日の戦争について 3(過去のブログを編集)の続きです。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/403518277.html?1407733222

(2011年12月11日のブログを訂正、編集)

「大東亜戦争、こうすれば勝てた 」といふ、
小室直樹氏と日下公人氏の対談本があります。
(講談社プラスアルファ文庫)

私がこの本を読んだのは、1995年のことですが、
目からうろこが落ちました。


日本が戦争に負けたのは、圧倒的物量と
経済力のためで、初めから到底勝ち目のない戦争に、
軍部の横暴により引き摺りこまれた・・・

そもそも勝てるはずがない戦争を
始めてしまったといふ考へが一般的です。


私も学校ではそのやうに習つたと記憶してゐます。
そしてずつとさう思つてゐました。

基本的な国力の差(当時のGDP比 米:日=100:9)
ではどうしやうもないではないかと。


小室直樹氏と、日下公人氏は言ひます。
「あの戦争は、勝てた戦争だったのだ!」と。

日本の敗戦は、B29の空襲や
原爆投下のみではないやうです。

そして、敗戦は必ずしも必至といふわけ
ではなかつたことを知り、大変驚きました。

日本にも勝機はいくつもあつたやうです。
勝つと言つても、アメリカ本土に攻め込んだり、

アメリカを占領するとか、さういふ意味での
勝ちといふことではありませんが。


頭が柔らかくないと、ついていけない
かもしれませんが、この本はとても
楽しく読むことができます。


「真珠湾攻撃は不十分だった」

「ハル・ノートは受け入れても良かった」

「三国同盟を破棄すれば、ドイツは喜んだ」

「日本はオランダとだけ戦争すれば良かった」

「支那事変はどう終わらせれば良かったか」

など、興味深い内容満載です。


軍事マニアの人たちは、この本について
かなり批判してゐるやうですが、

かういふ見方もあると知ることは、
個人の運命や生き方を考へる上でも
参考になると思ひます。


過去から学ぶ、歴史から学ぶといふことが
とても大切なのではないでせうか。


私も十代の頃から失敗続きで、取り返しの
つかないやうな失敗をたくさんしてきました。

今から思ふと、ああして措けば良かつた、
かうして措けば良かつたと思ふのです。


歳を取つた今の知識や見識があれば、
そんな失敗をしなくても済んだ筈なのです。

それを後の祭りと言ふ人もいるでせうが、
今に活かすことはできます。


現在は現在で、新たな問題が出てきてゐます。

その問題を今立つてゐる平面的な視点からだと
とても解決できないやうに思へるのですが、

物事を一次元上から俯瞰してみたり、
十年後の自分になりきつて、現在の自分を眺めてみると、
今打つべき正解の手段が見えて来るものです。

十年後の成功して、幸福になつてゐる自分を想像して、
その立場で現在を眺めてみるわけです。

これはとても有効な方法で、試してみられると良いでせう。

今何をなすべきかが、見えて来ることでせう。


話は戦争のことに戻ります。

日本は戦争に勝てる可能性はあつた、
決して無謀なものではなかつたとは、
本当にさう思ひます。

でも、それでもやはり日本は勝てなかつた
といふのが今の私の考へです。


大きな歴史上の流れでみれば、日本は
負ける運命であつたといふことです。

第一、日本は和の国ですし、女性原理の国で
ありますから、軍事力で世界の頂点に立つと
言ふことは相応しくありません。

(しかし、軍備そのものは必要です。軍備は戦いを起さない為にあります。
敵を攻撃する為ではありません。また、国威の象徴と言ふ意味もあります)


戦争に負けた理由でひとつ言へることは、
わが日本人の中に、国を売つて自ら栄へたといふ
一群の人たちがいたからです。

同じ日本人として信じられない気持ちですが
事実だつたやうです。


彼らは軍人もしくは軍人の身内であつたり、
財閥関係であつたり、宗教家であつたりしました。

国全体が敵国の諜報網の中にあつたやうなものです。
これが日本が負けた一番大きな理由ではないでせうか。


日本は国力が劣るから、日本人が弱くて劣るから負けたのだ、
といふのは間違ひである、といふことだけは
ハッキリさせて措かなくてはならないと思ひます。

☆..*∵☆.∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆..*☆

本日の言葉

息を吸いつつ、心と体をしずめる

息を吐きつつ、ほほえむ。

息を吸いつつ、その瞬間に住まう

この瞬間は二度と訪れない

―ティク・ナット・ハン

============================

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 歴史・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

戦争について 3(過去のブログを編集)

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


金運アップの秘法


出張中につき、過去のブログを掲載します。

今月は大東亜戦争に関連がある月なので、
戦争に関する記事を編集してみました。

昨日の戦争について 2(過去のブログを編集)の続きです。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/403457994.html?1407664656


(2011年12月10日のブログを訂正、編集)

ミッドウェー海戦での大敗以降、日本軍は連戦連敗で、
ガダルカナル島撤退、サイパン島陥落、硫黄島玉砕、
本土空襲、沖縄陥落と続き、

広島、長崎への原爆投下を経て我が国は敗戦しました。


しかし、日本は本当に負けたのでせうか。

答は否!といへば、驚かれるでせうか。
或いは頭が変か、強弁ととられるでせうか。


確かに日本軍は、米英支蘇をはじめとする
連合国に無条件降伏したことになつてをります。

この無条件降伏といふところも問題があるのですが、
勝ち負けの定義の問題があります。


一般的な常識では、戦争に勝つとは、
戦闘に勝つといふことになるでせう。

素朴に考へればさういふことになりますが、
『戦争論』の著者であるクラウゼウィッツによれば、
「戦争に勝つ」とは戦争目的を達成することなのです。

もし、そのやうに考へるとして、
日本の戦争の目的が、「アジアの解放」だとすると、
この戦争に勝つたと言へるのです。


大東亜戦争の結果、欧米帝国主義諸国の圧政の下で
苦しみ呻いてゐたアジア諸民族は独立を達成しました。

さらにアフリカに至るまで多くの国が独立し、
旧宗主国と対等に付き合へるやうになつたのです。


これは、前の大戦以前は想像も
できなかつたことなのであります。

イギリス、フランス、オランダをはじめとする
ヨーロッパ帝国主義諸国は惨敗です。

植民地は全て失ひました。

アメリカはフィリピンを失ひ、
(元々フィリピンは1946年に独立予定)
中国は赤化してアメリカかに離れました。

ソ連は独り勝ちしたやうですが、
長い目で見ると共産主義は崩壊し、
ソ連といふ国は無くなつてしまひました。


戦闘では惨敗でしたが、「アジアの解放」が
戦争目的であるとすれば、日本は疑ひもなく
大勝利といへるのです。


言葉の定義といふことはとても大切なことです。
議論がかみ合はなかつたり、対立が起るのは、

互ひの言葉の定義が違つてゐることから
くることが多いやうです。

特に、「神」とか「幸福」とか「宗教」とか
「幸福」など目に見へないことは、
人それぞれの定義がありますので、

初めに定義をはつきりさせて措かないと
誤解を招いたり、論争になることがあります。


個人にレベルでも定義をハッキリさせて
措くことは必要で、

例へば、私にとつての「幸福」とは、
今日一日を生き抜くことと
定義してありますので、

今日一日無事生き切れば
幸福といふことになりますから、
生きてゐる限りはいつでも幸福なわけです。


親よりも金持ちになれば幸福とか、
病気をしなければ幸福とか、
あの人と結婚出来れば幸福とか、

幸福の定義は人それぞれ異なるものです。


話を戻します。日本の戦争目的が
「アジアの解放」であつたことは、
宣戦の大詔からいふと定義から外れますが、

昭和16年12月10日の大本営政府連絡会議では、

「この戦争はアジア諸国における欧米の
植民地支配の打倒を目指すものである」

と規定してゐますから、やはり日本の戦争目的は
アジアの解放であつたのは疑ひありません。


戦争には色々な側面があり、
単純に語ることはできません。

古今東西、誰でも戦争は嫌ひですし、
(軍人で戦争が好きな人もいるかもしれませんが)
戦争は悪いことと思つてゐます。


しかし、いつの世でも戦争はありました。


良いとか悪いとか簡単に
決めつけることはできません。

様々な視点から、様々な次元から
戦争をみつめてみる必要があると思ひます。


反省したり、戦争の悲惨さを
語り継ぐことも大切でせうが、

それだけで戦争はなくなるものではありません。

もつと根源的な部分から戦争とは何か、
何故戦争は起るのかを考へてみないと、
戦争はなくならないと思ひます。


とりあえづ、前の戦争を知るためによいと思はれる本は、
山岡荘八の「小説太平洋戦争」(講談社文庫 全9巻)です。

山岡荘八は「徳川家康」で有名な大衆小説家ですが、
大東亜戦争中は従軍記者をしてゐたこともあり、
とても良い内容になつています。


私はこの本を読んで大変勉強になり、
とても感銘を受けました。


全日本人に是非とも読んでもらいたい書です。
これで前の戦争のことがすべて判るわけではないですが、

前の大戦の格好の入門書といへるでせう。

(未完)

☆..*∵☆.∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆..*☆

本日の言葉

空白を満たしたければ、最初に空白がなくてはならない。

息を吸うためには、まずは息を吐き出さなければならない。

―トム・ヨーマンス

============================

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 歴史・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする