2017年08月13日

母親の愛【過去記事を編集】

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


※多忙に付き新規記事を書く暇が無いので、
過去記事を編集したものを掲載します。


先日、満47歳の
誕生日を迎へました。

(※5年前の記事です。
先日52歳になりました)


この年になると、
誕生日と言つても

特別な感慨が
あるわけでは
ありませんが、


やはり誕生日は
大切ですし、

自分自身を
振り返る

よい機会でも
あります。


何せ
この世に生まれて
きた日ですから、

大きな意義が
ある筈です。


運命学上
最も影響力が

大きいといはれる
「命理占」は、


生年月日を元に
運命を占ふ
のですから、

やはり誕生日は
大切なのです。


新しい仕事とか、
何か新しく始める時は

誕生日が良いと
されています。
(もしくは誕生日の曜日から)


誕生日の朝、
何通かの
祝ひメールを確認し、

返信文を
打つている時に、

真つ先に電話を
くれたのは母でした。


母は、
私が生まれる
前日から、


生まれるまでの
過程を事細かに
話してくれました。


前日に
階段から落ちて
入院したこと、

お腹がすいて、
病院で鰻を
食べたこと、


喉が渇いて、
父にカルピスを

持つて来てと
言つたこと等々・・・


母からは何度も
これらの話を
聞いてゐますが、

誕生日の朝に
また延々と
話し始めた訳です。


母は毎年、
私の誕生日が
来ると、

私が生まれた
前日から
当日のことを

想ひだすと
いふことでした。


母は、
私が生まれた時、

本当に嬉しかつたと
今まで何度も
話してくれました。


前の日に
母が階段から
落ちたことで、

丁度出産予定日に
生まれることに
なりました。

そのことにも
何か運命を
感じたそうです。


私としては
そのことで

死産の危機でも
あつたのですから、


母から

「お前は生命力も
運も強い子」と

いはれて育つたのです。


その言葉により、

今まで
生きてきた中で、

どれほど
勇気づけられた
ことか。


生まれた時間も
午前2時1分と、

子供の時に
話してくれました。


母は、
占ひには興味が無く、

占ひをするから
生まれた時間を
憶へていたわけでも

私に教へてくれた
訳でもありません。


親が子供に
生まれた時間を
伝へるのは、

世の中では
当たり前のことと

ずつと思つて
ゐました。


ところが、
占ひ鑑定を
してをりますと、


自分の
生まれた時間が

わからないと
いふ人が

かなり
をられるのです。


これは結構
驚きでした。


また、
私の母よりも
ずつと若い女性に、

お子さんの
生まれた時間が
わからない、

思ひ出せないと
いふ人もゐるのです。


一番大切な
自分の子供の
生まれた時間を

思ひ出せないのは
とても不思議です。


一分単位の
正確な時間は

思ひ出せないことが
あるにせよ、

朝か昼か晩かも
思ひ出せない人が
ゐるのです。


私の母は
47年前のことでも

しつかり憶へて
ゐますし、


私の(元)妻も
9人の子供の
生まれた時間は

しつかり
憶へてゐました。


私も自分の子供の
生まれた時間は

分単位で全て
憶へてゐます。


占ひをする人
だからでは
ありません。

占ひを始める前に
生まれた子も
たくさんゐます。


九人の子供が
生まれた日の
ことを

はつきりと
思ひ出すことが
できます。

その時の情景も
浮かび上がつて
きます。


なので、
子供の生まれた
時間が

わからない
といふのは、

私には信じられない
のでですが、


世の中には
自分とは違ふ人も

ゐるのだなあ
と思ひました。


でも、
生まれた時間を

分単位で
伝へてくれる

親御さんを
持たれた方は


とても
幸せなのでは
ないかと思ひます。


それだけ
親子の情愛も

強いのでは
ないでせうか。


私も両親の愛に
包まれて、
とても幸せです。

47歳の誕生日に
そう思つたのです。
(2012年当時)


(母は2016年の秋を
迎へる前に亡くなり、

もうこの世で会ふことは
出来なくなりました。)

☆..*∵☆.∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆..*☆

【受付再開!】紫微斗数個人レッスン≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

昨年三月で受付を終了していた
「紫微斗数個人レッスン」を再開します。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238


昨年三月で一旦募集を終了したのは、
弟子の星野佳菜絵と共に、
「紫微斗数占星術士養成講座」を
開講するためでしたが、

この度、星野佳菜絵が
「おめでた」と相成り、

開講が延期となりました。

そういう訳で、以前から行っている、
「紫微斗数個人レッスン」の募集を
再開することにしたのです。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

2010年より個人レッスンを始め、
今年で七年目になりますが、
受講生も延べ百名を超え、

占い師として活躍する人も
かなり出てきています。

紫微斗数の基礎から、
鑑定できるようになるまで、

懇切丁寧に責任を持って
ご指導させていただきます。

どうぞご期待ください。

3か月で運命鑑定師として、
デビューが可能ですので、
是非ご検討ください。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

============================

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

◎紫微斗数個人レッスン再開しました≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

→ http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

娘がナンパされる(祖母の三十三回忌・外伝) 

ブログランキングご協力下さい。

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


金運アップの秘法


【太陽館】6/24、25 名駅サロン鑑定のお知らせ

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/400052629.html?1403443593


6月16日の「三年振りに長男と会ふ(祖母の三十三回忌にて)」
の外伝となる。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/399545007.html?1403438360

先々週の日曜日(15日)に行つた、
祖母の三十三回忌法要の日のことである。

寺の本堂での読経の後、墓参りをしてから、
会食の為、タクシーに長男、三女、六女と同乗し、
「恵比寿ガーデンプレイス」に向かつた。

馬喰坂を下りて、山手通りに出てから、
タクシーを拾つた。

目黒警察手前を右折して中里橋を渡り、
新茶屋坂を上つて行く。

子供の頃は新茶屋坂といはづ、
単に「茶屋坂」と言つてゐた。

そして茶屋坂の方は「旧茶屋坂と言つてゐたのだ」

茶屋坂は3代将軍家光にまつわる、
有名な目黒のさんまの舞台でもある。

広くて長い新茶屋坂を上つていくと
右手奥にあるのだが、子供の頃は、
結構しょぼい感じの坂だなあと感じてゐた。
(歴史に残る坂の割には)

今思へばただ、狭いといふだけで、立派な坂である。


この近辺は、私が六歳から
二十歳位まで住んでゐた、
思ひ出の地である。
(目黒区中目黒二丁目辺り、茶屋坂側は目黒区三田)



新茶屋坂は徒歩や自転車でよく上つたが、
今になつても相変はらず長く感じる。

「奨励会」の対局の時も、
この坂を上つて恵比寿駅に向かひ、
山手線に乗つて将棋連盟に向かつた。

ただ「勝つこと」だけを考へて・・・・

中学の時は、マラソン大会の前に、
この坂を走つて上り下りしたものだ。


茶屋坂を上り切ると、道なりは、
本来は左にカーブするはずである。

ところが、そのまま直進出来る道が出来て、
あつといふ間に恵比寿に着いてしまつた。


これには全く魂消(たまげ)た。

恵比寿の町はすつかり変はつてしまつたからだ。

そして恵比寿ガーデンプレイス前で
タクシーを降りた時、さらに魂消たのである。


ここはまるで異国ではないかと思ひ、目まいがした。

「私の故郷の恵比寿を返せ!」と叫びたくもなるほど、
町並みは変はつてしまつたのである。

(続く)

☆..*∵☆.∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆..*☆

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

☆..*∵☆.∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆..*☆

【太陽館】6/24、25 名駅サロン鑑定のお知らせ

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/400052629.html?1403443593

posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

祖母の三十三回忌 その2

ブログランキングご協力下さい。

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


金運アップの秘法


昨日の「祖母の三十三回忌」の続きとなる。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/399636929.html?1403013458


私は幼少の頃、(0歳〜6歳)は目黒の
大塚山に住んでゐた。(目黒区目黒四丁目辺り)

言はば、私の郷里とも言へる処なのだが、
この一帯は、四十年前とほとんど
風景が変はつてない。

すつかり変はつてしまつた東京の街で、
昔からの面影がはつきり残つてゐる
数少ないスポットなのではないかと思ふ。


その頃は、家でセキセイインコや
金魚などを飼つてゐた。

そのペット達が死ぬと、祖母と一緒に、
家の近くにある墓地に埋めに行つたものだ。


大塚山から次のバス停(三権茶屋行)の
「自然園下」までは歩いて五分もかからない。

私の生家は丁度その中間にあつた。

自然園下の辺りは、クリーニング屋、精米店、
乾物屋、酒屋、八百屋、菓子屋などが並び、
小さな商店街を形成してゐた。

今でも残つてゐるのは、酒屋と精米店のみである。

酒屋はコンビニのやうな形態になつてゐたが、
その店の店主(70歳代後半くらいか)は、

先日買い物をした時、名前を名乗つたら、
40数年振りではあるが、憶へてくれてゐた。

米屋の店主は、昔プロ野球選手であつた。(ロッテ球団所属)
いつも米を配達してくれて、遊んでくれて思ひ出もある。

遊んでもらつた頃は、二十代後半だつたと思ふが、
もう七十に近いのかもしれない。
今は、少年野球を教へてゐるのだといふ。


自然園下の変則五又路を田道(でんどう)方面
に向かふと緩やかな勾配の坂道である。
ここら辺りは今は閑静な高級住宅街だ。


その坂の頂上に、死んだペットを
埋めに行く墓地があつた。

頂上から山手通りの田道方面に降りていく、
急勾配の坂は、有名な「馬喰坂」だ。


そのペットを埋めてゐた墓地に、
自分が埋葬されることになるとは、
当時祖母も思つてゐなかつたであらう。

当時は未だ墓を買つてゐなかつたのだから。


そして、私もいづれはここに眠るのだろう。

私は目黒に生まれ、目黒の土に還るのである。

(続く)

☆..*∵☆.∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆..*☆

本日の言葉 ゆだねるということ

あなたの意思を神にゆだねてください。
結果は神に任せることです。

ゆだねることは、人生の目的を
見つけだすために是非とも必要です。

特別に意識することはないかもしれませんが、
すでにあなたにはゆだねる経験をしたことが
あるかもしれません。

目標(または意思)を掲げても、
それを達成する日付とか
手段を決めていないのなら、

それも意識的にゆだねたことになるのです。

キャロル・アドリエンヌ著 「人生の意味」主婦の友社 より引用

☆..*∵☆.∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆..*☆

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

posted by あさひ at 08:51| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする