2015年05月01日

高級盤駒を使っての将棋指導の様子

初心者教室.jpg
posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 勝負の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

将棋のススメその3(人生に役立つかもしれません)

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ



昨日の「将棋のススメその2」の続きとなる。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/417392389.html?1429228660


最高級の盤と駒で将棋が指せるのが、
大野教室のウリでもある。

http://blog.goo.ne.jp/chein810

このやうな環境で将棋が指せて、
しかもプロ棋士からの指導を
懇切丁寧に受けられるのだから、

授業料は安いものである。


この大野教室から、
俊英の奨励会員五名と、
名門浦和高校に四名、

そして国公立の有名大学にも
何人も送り込んでゐることは
昨日述べたが、


女流棋界の期待の星である、

渡部 愛(わたなべ まな)女流初段、
http://joshi-shogi.com/lpsa/prof/watanabe.html

和田あき女流初段
http://www.shogi.or.jp/player/joryu/wada.html

の二人の女流棋士も大野教室に通つて
実力をつけたのである。

私も彼女らと教室で指したことが有る。

あきちゃんと対局.png

(和田あき女流初段と私の対局風景)


渡部愛女流初段は、先日男性プロに
公式戦で勝利し、話題になつたし、
(この男性プロは若手で非常に強い)

和田あき女流初段も、マイナビ女子オープン
決勝まで進む活躍で、惜しくも決勝で
敗れたものの相当に注目されたのである。


このお二人から生年月日時をお聞きして、
紫微斗数で簡単に占つたことがあるのだが、
どちらも命宮は「破軍星」であつた。

なるほど、勝負師には向いてゐる星である。


「殺破狼」(さつぱろう)と呼ばれる、
七殺、破軍、貪狼の三星は、
勝ち負けを競う仕事には向いてゐるのだらう。

あとは、廉貞星であらうか。


子どもを女流棋士にさせるといふ手はある。

ちよつと勝ち気で、ちよつぴり賢いタイプで、
そして紫微斗数の命宮に「殺破狼」か「廉貞星」
が入つてゐれば可能性はあるかもしれない。

女流棋士にさせるための先行投資は、
至つて少ないといへる。


フィギアのスケーターにさせやうと思へば、
何千万円といふ先行投資が必要と聞くが、

女流棋士を目指すには、月数千円の月謝でOKだ。

無事ブロになれれば費用対効果は非常に高い。


女流棋士になれば、女流スターになれる可能性ある。

決して甘い道ではないが、娘をスターに育てたいなら、
女流棋士を目指すのが案外早い道かもしれない。

============================

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

◎紫微斗数個人レッスン再開しました≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

→ http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 勝負の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

将棋のススメその2(人生に役立つかもしれません)

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ



昨日の「将棋のススメ」の続きとなる。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/417328972.html?1429144218


私が指導の手伝ひをしてゐる埼玉の将棋教室、
「大野教室」は秀才の子供揃ひである。

http://blog.goo.ne.jp/chein810

ここ数年で、県内随一の進学校、浦和高校に
4人も輩出してゐるのである。

その他、国公立の有名大学に進学した生徒も多い。


そして、プロ棋士の養成機関である「奨励会」には、
5人も送り込んでゐる。

将棋のプロを目指す訳ではなくとも、
勉学の向上に将棋は役立つかもしれない。

記憶力、応用力、集中力、忍耐力等が
楽しみながら身に付けられるのがよいと思ふ。


大野教室の凄いところは、一流の盤と駒を
揃へてゐるところであらう。

プロの対局で使はれてゐるのと同じ、
本榧(ほんかや)の七寸盤に、
駒は本黄楊(ほんつげ)の彫盛上駒である。

一番高価な盤だと、三百万円は下らない。
駒も三十万円はするだらう。


1428223743025.jpg
(私の指導風景、向かつて左から二番目の盤が、三百万円のもの)


このやうな本格的な盤、駒を使つてゐる
将棋教室は日本広しといへども、
大野教室以外には無い筈だ。

このやうな高級の盤駒セットが
十数組も揃つてゐるので、

プロの対局者になつたやうな雰囲気で、
将棋が楽しめるといふ訳だ。


私が子供の頃は、折りたたみの将棋盤に、
プラスチック駒とか、格安の番太郎駒(裏が赤色の字)
が当たり前で、脚付きの盤で指すのは夢であつた。

友達のお父さんが、脚付きの桂(かつら)二寸盤を
持つてゐてその盤で指した時は感動したものである。

小学六年生の時に、お年玉を奮発して、一万数千円の
桂三寸盤を買つたのはよい思ひ出である。


当時を考へると、本榧の七寸盤で将棋を指せるのは、
当に夢のやうなことなのだ。


史上最強の勝負師といはれる、
故大山康晴十五世名人は、

「強くなりたければまずはいい道具を揃えなさい」
といはれてゐた。

これは本当に正しいと思ふ。


「いい道具を持てば、大事にするのが人情である。
誰にいわれなくても駒を磨くようになることだろう。
その気持ちが大切だと思う。

駒や盤を大事にすることで、いま指し終わった将棋の印象が、
いつもより多く残ることであろう。その一つ一つの積み上げが、
将棋に対する知識を深めていくし、そこから視野も開けてくる。」

故大山十五世名人の言葉である。


大野教室の生徒は、最高級の盤と駒で将棋が指せる。
何と幸せなことであらうか。

だから将棋も強くなるし、子供たちの学力も上がるのだと思ふ。

(続く)

============================

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

◎紫微斗数個人レッスン再開しました≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

→ http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 勝負の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする