2014年02月28日

林葉直子さんとの思ひ出(その6)

ブログランキングご協力下さい。

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


金運アップの秘法


昨日の「林葉直子さんとの思ひ出(その5)」の続きです。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/389908911.html?1393538246


林葉さんとの奨励会での公式対局は3局のみだが、
その他練習将棋では何局か指してゐる。

それほど多く指してゐる訳ではないが、
奨励会の対局の終了後、声をかけて
練習将棋を指した記憶がある。

他の奨励会員が、彼女にほとんど声を掛けなかつたので、
それを見かねて対局を申し込んだ意味もある。


昭和59年の奨励会旅行は、関西奨励会と
東西合同の旅行会であつた。

日光東照宮に参拝したり、
谷川岳ロープウェイに乗つた記憶がある。

宿泊先のホテルでは東西対抗の将棋大会が行はれた。


関東奨励会からは林葉直子さん(当時16歳)と、前年に
奨励会に入会した、後の女流名人になる中井広恵さん(当時15歳)の、
二名の女性奨励会員が参加してゐた。

私は当時19歳である。

私も林葉さんも将棋大会では早々に敗退してゐたため、
練習将棋を指してゐた。

関西の奨励会員はそれを物珍しさうに、また羨ましさうに
眺めてゐた。(やうな気がする)

当時は関西には女性奨励会員は在籍してゐなかつたし、
また当時は、女の子と将棋を指すなどといふことは、
非常に珍しいことだつたのである。

また、林葉さんは奨励会では下級者だつたとはいへ、
女流棋界では既に女流名人、女流王将の二冠王で、
知名度は奨励会員とは比べ物にならないほど高い。

かういふ相手と指すことは複雑な気持ちになるものだが、
私は大して意識はしてゐなかつた。


林葉さんと中井さんは相部屋で泊つてゐたので、
その部屋を覗きにいつたら、意外にも部屋のドアが
開いてゐて、ドキッとした。

二人は床に座つて歓談してゐた。
私は余程、部屋に入れてと声を掛けやうと思つたが、
さすがにそれは憚られた。

年頃の女の子であるし、もし部屋に入つたことがばれたら、
奨励会幹事の棋士にこつ酷く𠮟られると思ひ、躊躇したのである。


ちようど同じ頃、中野サンプラザで行はれた研究会で、
林葉さんと練習将棋を指した。

それが林葉さんとの最後の対局だつたと思ふ。
どんな将棋を指したかは全く憶へてゐない。

研究会は奨励会の精鋭6人くらいで行つたが、
私が優勝した記憶がある。
(私以外の参加者はほとんど棋士になつてゐる筈)

林葉さんは対局の感想戦以外は、誰ともほとんど話をしなかつた。

その時は私は初めて林葉さんを女として意識した。
正直、可愛いなと思つた。

しかし私は既に当時恋人がゐたので、デートに誘うことも無かつた。
一度くらい、一対一の食事程度のデートはしてもよかつたかなと
後に思つたことがある。

修行中の奨励会員の分際で恋人を作つてゐるくらいだから、
私も修行に身が入らづ、結果的に退会となつたのも
仕方のないことであつた。

それから間もなくして、林葉さんは奨励会を退会し、
女流棋士一本で活動していくことになる。


林葉さんは私と将棋を指したことなど全く忘れてゐるだらうし、
私の存在自体、記憶から無くなつてゐると思ふ。

何せ、指した将棋を後から並べることが出来ないと言ふ、
非常に珍しい将棋指しだつたからだ。

普通、奨励会員なら指した将棋は終つたあとでも
スラスラ並べられるものである。


報道された林葉さんの最近のブログの言葉、
「身体はボロボロのガイコツ女ですが、結構楽しくやっております
だって、苦しんでも楽しんでも、終りが来る時は来ますからね・・・・」

まさにその通りである。苦しんでも楽しんでも終りが来る時は来る・・・・
この言葉に私はとても共感を覚へたのである。

(この項終り)

============================

☆占い師への近道☆ ≪紫微斗数個人レッスン≫

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub4/

_______________

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

posted by あさひ at 08:27| Comment(0) | 若かりし日のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

林葉直子さんとの思ひ出(その5)

ブログランキングご協力下さい。

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


金運アップの秘法


昨日の「林葉直子さんとの思ひ出(その4)」の続きです。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/389806364.html?1393415230


林葉さんの重病が報道された日の夜、
奨励会退会後、唯一交流がある元奨励会員の
F先輩と東京某所で会つて酒を飲み交はした。

F先輩のことを奨励会時代は恐れ、嫌なる人と思つていた。
(将棋で負かされた訳ではなく、礼儀面でよく叱られた)

それが今は唯一お付き合いさせていただいてゐる、
貴重な友人なのである。


先輩とはよいもので、飲食の際は
必ず奢つてくれるのである。

棋士になつた私の兄弟子も、
どんな時でも必ず飲食代は出してくれる。

同席の場合、年長者、もしくは格上の者が
奢るのが、将棋界の習慣なのである。


酒と料理に舌鼓を打ちながら、
四方山話に花が咲き、四時間ほどの時間が
あつといふ間に経つた。


四時間といふのは不思議な時間で、
意気投合した人とは必ずこれくらいは
話せるのである。

これ以下だと短くて話し足りない気がする。
四時間は二刻であるから、それなりに
意味がある時間の単位なのだろう。


話の途中で、私の同期入会で、F先輩の弟弟子の
I君に電話を繋いでくれた。

I君とは歳も私と同じで、入会当時、

研究会を共にやつたメンバーでもある。

彼はやや遅めの昇級ペースだったので、
同期では林葉さんと最も多く
指してゐる部類かもしれない。


話したのは28年ぶりであつたが、
今は私の実家の近くの某大手スーパーの
青果売り場で働いてゐるといふ。

結婚して子供も居るとのこと。

元奨励会員としては、かなりまともな
人生を送つてゐる方である。


奨励会はつぶしの利かない世界であるから、
退会後はまともに職につけないことも多い。

パチプロなんかで食つてるものも居れば、
親の遺産で何とか食ひつないでゐるものも居る。

人に頭を下げることのできない人種であるから、
他人とコミュニケーションとか、商売とかは、
全く難しいのである。


そんな中で、堅実に家庭を築き、
大手スーパー勤務といふ正業に
就いてゐるI君は立派である。

心から祝福したいと思つた。

(続く)

============================

☆占い師への近道☆ ≪紫微斗数個人レッスン≫

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub4/

_______________

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

posted by あさひ at 07:03| Comment(0) | 若かりし日のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

林葉直子さんとの思ひ出(その4)

ブログランキングご協力下さい。

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


金運アップの秘法


昨日の「林葉直子さんとの思ひ出(その3)」の続きです。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/389710040.html?1393364386


林葉さんとは公式の対局は3局のみであつた。

私の方が昇級ペースが速く、対戦しない位置に
進んでゐたといふこともあつた。
(対戦するのは二級差以内)

百名近い奨励会員の中で、女性は彼女ただ一人。
いつも一人ぼつちで話しかける者も無く、
寂しそうにしてゐたのである。

そんな雰囲気の中で、私は積極的に
彼女に声をかけて、練習将棋は指した。


話しは変はるが、林葉直子さんの重度の肝硬変白が
報道された丁度その日の夜、(先週の金曜日)
10年ぶりに奨励会時代の先輩であるFさんに会つた。

Fさんも棋士になれなかつた組である。

私は奨励会を退会後28年になるが、
唯一交流があるのがFさんである。


Fさんは私より三つ年上で、奨励会入会も三年早かつた。

14歳で私が入会した時にはFさんは17歳だつたが、
顔つきから、スーツの着こなしから、
立ち居振る舞ひからして、既に大人の風格があつた。

将棋界は実力の世界ではあるが、
上下の関係は厳格である。

一年でも先に入つた先輩達には
頭が上がらないのである。

三年も先輩であればましてやである。


Fさんにはよく叱られた。

将棋連盟の会館に入つて上着(コート)を着てゐると、
「建物内に入る前に脱いで、畳んで片手に持ちなさい」
といはれた。奨励会入会間もない頃である。

それ以来、建物内では上着は脱ぐと言ふマナーが身に付いた。

やはりその頃のある日の朝、千駄ヶ谷駅構内の
立ち食ひそば屋で、Fさんは丼を手に持つて
颯爽とした姿でそばをすすつてゐた。

犬食ひをしてはいけないのだと
教へてくれたのもFさんである。


それでも当時はFさんはとても恐ろしく
うるさい先輩だつたので、苦手であつた。
顔を合わせるのが嫌だつた。

そんなFさんとのみ、退会後に交流が続いてゐるのは、
とても不思議なことである。


久々にFさんに会ふことになつたその日に、
林葉さんの事が報道されたことにも
何か不思議なものを感じた。

(続く)

============================

☆占い師への近道☆ ≪紫微斗数個人レッスン≫

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub4/

_______________

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

posted by あさひ at 07:45| Comment(0) | 若かりし日のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする