2014年02月25日

林葉直子さんとの思ひ出(その3)

ブログランキングご協力下さい。

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


金運アップの秘法


一昨日の「林葉直子さんとの思ひ出(その2)」の続きです。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/389501684.html?1393279063


林葉直子さんとの奨励会での公式対戦は
3勝0敗と負けたことは無かつた。

当時は女に負けたら頭を坊主にするといふ
慣習があり、他の奨励会員も彼女との
対戦の時は必死に戦つた。

相手が年下でしかも女の子とあれば、
勝つてもともと、負けたら恥といふ空気で、

さういふ勝負は結構辛いものである。


普通に考へればやりにくい相手ではあるが、
私にとつては、一勝が確実に得られるといふ
気持ちの方が強かつたのが幸いしたのかもしれない。

勝負は、はじめから相手を
呑んでかかることも必要なのだ。


3勝0敗と言つても、内容はよくなく、
初対戦の時は序盤はかなり押され気味だつたし、
(私の四間飛車に林葉さんは五筋位取り。
中盤の入り口で彼女に意外な手を指された。
34年前の対局でも序盤ははつきり憶へてゐるものである。)

私が4級、彼女が6級の時の香落ち番は、
終盤でも必敗で、最後の最後で
うっちゃり勝ちしたものである。

しかし形勢が悪くなつても、最後には
自分が勝つだらうと言ふ気持ちがあつた。


これは誰に対しても起つてくる気持ちではない。
特定の相手にだけ、「この相手には負けないな」
といふ気持ちが起るのである。

逆にいへば相手にそう思はれたら、
甚だ不利といふわけである。

しかし、それが油断となり負けることも
あるから、難しいものである。


いずれにせよ、林葉さんは対戦相手全員から、
「この相手にだけは絶対に負けられない」
と思はわれて対局をしていた筈だ。

その勢ひに彼女は完全に押されてゐたと思ふ。

奨励会入会後、彼女がなかなか勝てなかつたのは
将棋の実力以外にさういふ理由もあるのではないか。

(続く)

============================

☆占い師への近道☆ ≪紫微斗数個人レッスン≫

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub4/

_______________

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

posted by あさひ at 08:16| Comment(0) | 若かりし日のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

林葉直子さんとの思ひ出(その2)

ブログランキングご協力下さい。

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


金運アップの秘法


昨日の「林葉直子さんとの思ひ出(その1)」の続きです。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/389406019.html?1393104349


一昨日に報道された、林葉直子さんの
重度の肝硬変を告白は、私にとつて
決して他人事とは思へないのである。

何故なら34年前の昭和54年、プロ棋士を目指して
奨励会に同期入会したライバルでもあり、
歳も近いからである。


その彼女が重度のアルコール性肝硬変を患ひ、
死を覚悟してゐるといふのだ。


もう30年近く顔も合はせてないのだから、
他人事に思へても普通かもしれないが、

最近の私は、どんなことでも他人事とは
思へないやうな自分になつて来てゐる。


昭和54年入会組の同期14人は、
私も含め誰一人プロ棋士になれづ、
奨励会を退会してして行つた。

これほど不作の年は非常に珍しいのである。

その中で、プロ棋士にはなれなかつたが、
唯一世に知られる存在だつたのが
林葉直子さんであつた。

同期で他に出世した人が居ないので、
「奨励会の同期入会に林葉直子さんがゐます」といふのが、
私が将棋でのプロフィールを語る時の常であつた。


同期の他の人間の消息はほとんど知らないが、
将棋の世界はつぶしの利かない世界の典型なので、

各人、相当苦労の多い人生を送つてゐるのではと
私は思ふのである。

二期下の昭和56年入会組は、無事棋士になれた者も、
なれづにやめていつた者も比較的仲が良く、

同期会のやうなものを開いて、
今でもたまに集まると言ふ事を聞いたが、

昭和54年入会組はそのやうなまとまりは全くない。
なので、皆が今何をやつてゐるかが
全く分からないのである。


昨日述べた私と林葉さんの、
将棋界を去ってからの共通点だが、

一つは自己破産をしたこと。
もう一つは、占ひ師として活動したことである。

どちらもあまり普通の体験ではないので、
波乱万丈の人生を象徴する共通点と思つた。

(続く)

============================

☆占い師への近道☆ ≪紫微斗数個人レッスン≫

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub4/

_______________

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/
posted by あさひ at 07:50| Comment(0) | 若かりし日のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

林葉直子さんとの思ひ出(その1)

ブログランキングご協力下さい。

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


金運アップの秘法


昨日のヤフートップで、「林葉直子 重度の肝硬変を告白」
との見出しが目に入つた。

私は元女流棋士の林葉さんとは、
奨励会同期入会組(昭和54年)なので、
この記事には少なからづ感慨を覚へた。


「奨励会」とはプロ棋士の養成機関である。

入会当時私は中学二年生で、
林葉さんは小学六年生だつた。

彼女は当時女流アマ名人で優勝し、
日本人離れした美貌の天才少女として、
既に世間の注目を集めてゐた。


それにしても奨励会を受験し、
しかも合格して入会してきたのには
とても驚いたものである。

何故なら、当時奨励会には女性は
一人も所属してゐなかつたし、

女流棋士でない、正式なプロ棋士を
目指す女性は皆無だつたからだ。


私も林葉さんも一度目の奨励会試験をクリアし
入会出来た訳だが、昭和54年の入会試験には、
当時過去最高の47名が受験した。(関東奨励会)

合格者は14名であつた。

しかし、昭和54年入会組はただ一人も
正式のプロ棋士になれなかつた。
(関西入会組は3名がプロ棋士になつてゐる)

プロ棋士を輩出することが出来なかつたのは、
この年の入会組だけなのである。
全くの不作の年であつた。


林葉さんとは、彼女が奨励会を退会した昭和59年以来、
一度も会つてゐないと思ふ。

もう、三十年も経つのだ。

彼女はその後、かなり波乱万丈の
人生を歩んだ訳だが、

私も地味ながら、人生行路での
波乱万丈の度合ひは相当である。


そして昨日気付いたのだが、
将棋界を去つてからのことで、

私と林葉さんの共通点を
二つ発見したのである。

(続く)

============================

☆占い師への近道☆ ≪紫微斗数個人レッスン≫

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub4/

_______________

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/


posted by あさひ at 07:16| Comment(0) | 若かりし日のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする