2014年06月22日

青菜大好き(過去のブログより)

ブログランキングご協力下さい。

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


金運アップの秘法


多忙につき、本日もバックナンバーを掲載します。

(2011年1月10日のブログより)


野菜では青物(青菜)類が好物です。
子供の頃よく言われました。
色の濃い野菜を食べなさいと。

特に冬場はほうれん草を食べると
風邪を引かないから良いと言われました。

あと、テレビでやっていた
ポパイのほうれん草の缶詰、

小学校の家庭科の時間に作った青菜炒めの
影響もあるのかもしれません。

特にほうれん草が大好きです。

青物野菜は私のパワーの源泉
ともいってよいですね。

緑色が子供の頃に大好きだったと
いうことも関係あるかもしれません。


でもその色は目黒駅の駅ビルの
5階のパーラーで飲んだ、
クリームソーダの鮮やかな緑色でした。

小学校ではカロチン(ビタミンA)が
豊かに含まれていると習いました。

今はルテイン(ファイトケミカル)という
抗酸化物質で有名ですね。
活性酸素を除去する作用です。


活性酸素が病気や老化の原因と
言われるようになったのは、

1993年ごろ、昼の、みのもんたの番組で
放送されてからのことと記憶しています。


青物ではほうれん草以外に、小松菜、春菊、大根葉、
クレソン、パセリなどは特に好きですね。

大根葉はぬか漬けや炒め物、味噌汁に入れるのもいいですし、
クレソンやパセリはトマトとサラダにして
ガーリックドレッシングをかけて食べています。

中華料理にいくと必ず青菜炒めを注文します。


パセリなども、サンドイッチの付け合わせに
付いてくるのですが、みんな食べないのですよ。
私はみんなが残したものをすべて食べていました。

パセリはスープやチャーハンなどに
みじん切りで入れています。

パセリがあるといつも幸せでいられます。
中国パセリも好きです。

パセリというと香りがありますが、
日本古来の数少ない野菜のみつばもいいですね。
セリも大好きです。大葉の香りもいい。


夏場は青物野菜が取れないので、
モロヘイヤかツルムラサキになります。

モロヘイヤは好きですが、ツルムラサキは
あまり好きになれませんでした。

夏場はどうしても葉野菜は弱いですね。

レタスはキャベツは春が旬ですが、
高原地区で採れたものは出回っています。

夏野菜はきゅうりとナスが代表ですが、
味はいいけど栄養価はほとんどないですね。

きゅうりなどは最も栄養価のない野菜
と言われています。でも旨いので食べますね。

夏なので体を冷やす効用でしょうか。

若いころ習った、ヨーガの本に出てくる推奨生野菜は、
ほうれん草、キャベツ、ニンジン、セロリ、玉ねぎ、
もやし、トマトなどが書かれていました。

みんな生で食べなさいと言うのです。

ただしニンジンは油でいためるのが良く、
もやしは軽く炒めるか湯通しして
そばつゆで食べなさいと書かれてました。


ほうれん草はシュウ酸があるので
絶対に生でと書かれていましたが、

通常はシュウ酸があるから火食しなさいですよね。

これは未だにどちらが真実かわかりません。
しかし、サラダホウレンソウでもない
普通のほうれん草を生で食べるのは相当きついです。


肉を食べる時は、かなりの量の生野菜を
同時に取るようにしています。

子供のころからそうしていました。
バランス感覚ですかね。

============================

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

posted by あさひ at 00:26| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

玉ねぎは悪魔の食べ物?(その9)

ブログランキングご協力下さい。

吉方位に出かけ、
クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。

人気ブログランキングへ


金運アップの秘法


昨日の「玉ねぎは悪魔の食べ物?(その8)」の続きとなります。
http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/372484497.html?1377042271

私は玉ねぎをはじめ好き嫌ひが多いので、

心配したのは自分の子供の好き嫌ひが

多くなるのではないかといふことです。


特に、玉ねぎは100%ダメなのでは思つてゐました。


私がこれほどに玉ねぎを嫌つてゐるものですから!


玉ねぎを使つた料理は多いので、

玉ねぎ嫌いは本当に苦労するのです。


子供もその苦労と苦痛を

味はふことになるのではと

心配してゐたのです。


その心配は全く杞憂でした。

9人の子供の中で、

玉ねぎが食べられない子は一人もゐません。


生理学的には、食べ物の好き嫌ひが起こる原因は、

遺伝的要素と環境的要素があるといはれてゐます。


しかし、私は遺伝的要素は

ほとんど影響がないのではと思ふのです。


子供たちだけでなく、両親も妹も姪も、

そして祖父母も、私の近親で玉ねぎ嫌ひは

私ただ一人だからです。


私だけ何故か玉ねぎが食べられないのです。

私からしてみると、何故あのやうなものが

食べられるのかが不思議なのですが。


玉ねぎ嫌ひはインターネットなどで

調べてみると結構ゐるやうですが、

私はほとんど遭遇したことがありません。


やはり、あれだけ色々な料理に

入つてゐるといふことは、

人気の高い食材なのでせう。


ただ一人、ここ15年来親しくしてゐる友人が、

玉ねぎ嫌ひです。ずつと良好な関係を保つてゐる

数少ない友人です。


互いに玉ねぎ嫌ひといふことで、意気投合しました。

食べ物の嗜好が合ふと、付き合いも

良好になるものだと思ひました。

(続く)

============================

☆占い師への近道☆ ≪紫微斗数個人レッスン≫

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub4/

_______________


◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/
posted by あさひ at 08:44| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

玉ねぎは悪魔の食べ物?(その8)

ブログランキングご協力下さい。

吉方位に出かけ、
クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。

人気ブログランキングへ


金運アップの秘法


太陽館の荻原です。

8月11日の「玉ねぎは悪魔の食べ物?(その7)」の続きとなります。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/371698643.html?1376940952


玉ねぎ嫌ひ人間の苦労話をしてきましたが、

何故玉ねぎが嫌ひになつたかの

理由ははつきりしません。


それより、私としては玉ねぎが

人間の食べるものとは思へづ、


よくあんなものが食べられるなあ

といふ感じで、みんなが普通に

食べてゐる方が不思議なのです。


私は好き嫌ひが多いので、

苦手な食べ物のある人たちの

気持ちもよくわかります。


私は肉や魚は好きで、どんな種類ものでも、

どんな調理法でも食べられますが、

一歩間違えれば嫌ひになつていたと思ひます。


例へば魚類です。焼き魚なども

頭から尾まで、(時には骨も)残さず

美味しく食べるのですが、


よくこんな生臭いものを

平気で食べてゐるなあと、

食べながら思ふことがあります。


頭付きの魚など、あの目玉見ただけで

気持ち悪くなり、食べたくなくなるといふのも

よくわかるのです。


好きと嫌ひの境は微妙で、

そのボーダーラインの辺りに、

大好物が生まれるのかもしれません。


腐りかけの肉が一番美味しいとか、

それもボーダーライン理論の一つです。


好物の鶏卵も、小さい頃は黄身が嫌ひでした。

見た目も食感も気持ち悪いと思つたのです。

ところが克服して今は大好物です。


ボーダーライン理論からすると、

嫌ひなものを克服出来た場合は、

大好物になる可能性があるといふことです。


私にとつての玉ねぎは、

知らづの内に食べてしまふと

吐き出してしまひますし、


正直、見ただけでも相当に

気持ち悪くなりますから、

ボーダーライン上のものでなく、


これはアレルギーのやうなもので、

単なる「嫌ひ」とは別次元のもののやうです。


(続く)

============================

☆占い師への近道☆ ≪紫微斗数個人レッスン≫

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub4/

_______________


◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/
posted by あさひ at 09:15| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする