2013年08月12日

キャベツは食物の王様(その3)

ブログランキングご協力下さい。

吉方位に出かけ、
クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。

人気ブログランキングへ


金運アップの秘法


8月4日の「キャベツは食べ物の王様(その2)」の続きとなります。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/371069362.html?1376261110


キャベツの千切りが大好物の私ですが、

何をかけて食べるかが非常に問題となります。


いくらキャベツが好きとは言つても、

何もかけないで食べるのはちよつと辛い。


普通にソースや、マヨネーズをかけるのも

とても美味しいですね。


豚の生姜焼きの付け合わせの時は、

生姜焼きのたれをからめて食べるのが最高となります。


トンカツの付け合わせの時はソースに限ります。

ドレッシングだと、どうもトンカツ付け合わせのキャベツには合はない。

これは多くの人がそう感じることと思ひます。


ソースでも、ウスターソースがいいのか、中農ソースがいいのか、

とんかつソースがいいのかといふ問題はありますが。(私は中農ソース派)


私にとつて、キャベツにかけるもののベストは、

フレンチドレッシングです。


それもシンプルなものがよく、

酢と塩コショウ、サラダ油を混ぜ合わせただけの

シンプルなものです。


小学校高学年の時、家庭科で習つた、

基本的なドレッシングです。


混ぜ合わせて乳化させても、

セパレートタイプ(酢と油が分離)でも

どちらでも私は好きです。


どうもいけないのが、市販のドレッシングです。

市販のドレッシングはなんか変な味がする。


何故、一流の食品メーカーがあのやうなまずいものを

売り出してゐるのか、不思議でなりません。


どのメーカーでも同じです。

何か微妙な癖のある味に仕上つてゐるのです。


もつと工夫して、美味しいドレッシングを売り出してほしいです。

家で簡単に美味しいドレッシングが出来るのです。


それを何故食品目メーカーが出来ないのか。

猛省を促したいと思ひます。


変な味がするのは、食品添加物や化学調味料、保存料が

ドバドバ入つてゐるからなのかなとも思ひますが、

マヨネーズは美味しいのですから。


マヨネーズにも市販のものであれば、

それらのものがたくさん入つてゐるでせう。


ドレッシングだけは市販のもので

満足いくものがありません。


外食では、絶品のドレッシングを出す店があります。

特に美味しかつた二店のドレッシングについては、

次回に述べることにいたします。

(続く)

============================

☆占い師への近道☆ ≪紫微斗数個人レッスン≫

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub4/

_______________


◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/
posted by あさひ at 08:33| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

玉ねぎは悪魔の食べ物?(その7)

ブログランキングご協力下さい。

吉方位に出かけ、
クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。

人気ブログランキングへ


金運アップの秘法


7月28日の「玉ねぎは悪魔の食べ物?(その6)」の続きとなります。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/370449708.html?1376174105


玉ねぎがダメと言ふことは、

外食の時にとても気を使ふのです。

それは並大抵ではないストレスです。


子供の頃、イカのリングフライと思つてかじつたら、

オニオンリングフライだつた時の衝撃は

今でも忘れられません。


あの時の食感、吐き出したくなるやうな味覚。

今思ひ出しても気持ちが悪くなります。


串カツにも玉ねぎが入つたゐることがあります。


うつかり、玉ねぎ入りの串カツをかじつた時も、

間違えてオニオンリングフライを

かじつた時と同じ衝撃ですね。


フライは、衣に隠されて中身が見えないので、

まことにたちが悪い。


なので私がフライ類、揚げ物全般を食べる時は、

口にする前に衣を箸で破つて

中身を確認しなければならないのです。


これはかなりのストレスです。


店員に、中身に玉ねぎが入つてないか、

一々確認する手もありますが、それもストレスが大きいです。


天ぷらのかき揚げにも玉ねぎが入つてゐますが、

それは元々入つてゐる確率が高いので、警戒できます。


私の好物の、ポテトサラダやマカロニサラダ、

スパゲティーサラダにも

玉ねぎが入つてゐる確率が非常に高く、

私は困つてゐます。


何故それらのサラダに玉ねぎを混ぜる必要があるのか。

不思議でなりません。腹さえ立つてくることがあります。


キュウリやニンジンやハムくらいを

入れておけばいいと思ふのです。本当に残念です。


ソース焼きそばや野菜炒め、豚肉の生姜焼きなどにも

玉ねぎが入つていることがあります。


外食でそれらを注文する時は、

必ず玉ねぎが入つていないかを店員に確認します。

入つていると言えば玉ねぎ抜きにしてもらひます。


そのことを確認したり指示するのもかなりストレスですし、

玉ねぎ抜きと言つたにも関はらず、

間違へて玉ねぎ入りのものが出て来ることもよくあります。


当然、クレームをつけて作り直してもらいますが、

互いに嫌な気持ちとなり、ストレスはさらに増大します。


玉ねぎ嫌ひにとつて、とかく生きにくい世の中なのです。

外食ライフは特に厳しいといへませう。


(続く)

============================

☆占い師への近道☆ ≪紫微斗数個人レッスン≫

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub4/

_______________


◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/
posted by あさひ at 08:18| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

今年初めて果物を食べる(その4)

ブログランキングご協力下さい。

吉方位に出かけ、
クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。

人気ブログランキングへ


金運アップの秘法



8月2日の「今年初めて果物を食べる(その3)」の続きとなります。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/370909415.html?1376001802


人間が元々果食動物だつたとすると、

私は果物は食べませんので、

本来の人間の自然の姿に反するので悩む訳です。


前回にも書きましたやうに、

果食動物といふのは合理性はあるのです。


果物は動物に食べてもらふことにより、

種が繁栄していくので、

果物と動物は共存共栄になるからです。


また、果物は調理をしないで

そのまま美味しく食べられると言ふ点も利点です。

調理をしないといふことは動物の自然の姿です。


あらゆる動物で調理をするのは、

万物の霊長である人間だけでせう。


人間以外に調理をする動物と言ふのは、

聞いたことが有りません。


一方、人間の主食である米にしても小麦にしても、

また野菜や肉、魚にしても調理をしないと

人間は食べられないのです。


火を通すとか、調味料で味を整えないと、

美味しくもないし、食べられないでせう。


果物は調理をしないで食べられることは、

自然の神が動物に与へた

食物であらうことが推察されるのです。


肉食はどうなるでせうか。

肉食も植物食(菜食)も命を奪ふことに変はりはありません。


しかし、動物を食べるために捕まへやうとすれば、

動物は嫌がつて逃げるでせう。当然のことです。

喜んで食べられる動物は居ないのです。


また、動物には痛みを感じる神経を持つてますので、

殺されるときにかなりの苦痛を伴ふでせう。


植物は痛みを感じる神経がありませんので、

その一部が食べられることにより、種がばらまかれ、

種族が繁栄することを喜ぶ意味合いがあります。


植物もあまり食べられすぎては滅んでしまふので、

防衛策として、摂り過ぎると毒物となる成分を

含んで居ると言ふ面はあります。


それでも植物は食べられれば喜び、

動物は食べられるのは嫌がるのであれば、


残酷な動物食は避けたいといふ

悩みが生じるのであります。


嫌がる動物を殺して食べなくても、

植物だけ食べて生きていけるのであれば、

動物食はしたくないと思ふ訳です。


肉や魚を平気で食べられるのは、

それは自分で殺して、包丁でさばくことをせづ、

その過程を他人に任せてゐるからかもしれないのです。


私には動物を殺すことなど

とてもできないですし、


鳥や魚などの小動物でも

生きているものを殺して食べることは無理です。


しかし、肉や魚を食べたいといふ

煩悩からも逃れられません。


一方で動物食をするたびに、

動物の命を奪ふといふ罪悪感がある。


その矛盾から逃れられづ、

私はずつと悩んでゐるのです。


(続く)

============================

☆占い師への近道☆ ≪紫微斗数個人レッスン≫

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub4/

_______________


◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/
posted by あさひ at 08:43| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする