2017年08月14日

偉大な母親の力【過去記事を編集】

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


※多忙に付き新規記事を書く暇が無いので、
過去記事を編集したものを掲載します。


皆さんは
「升田幸三」
といふ人物を

知つてゐますか?


恐らく、

大抵の人は
知らないかも
しれませんが、


昭和の
二十年代から

四十年代に
かけては、


一般の人でも
知らぬ人が

ほとんど
居ない位、

有名で人気の
将棋棋士でした。


何しろ、
時の名人に

香車を落として
(ハンディをつけて)
勝つたのですから、


それは
空前にして

絶後のこと
でせう。


将棋界の
歴史を語る時に

欠かすことの
出来ない人物
であり、

最も人気のある
棋士でした。


将棋の実力も
さることながら、

人物的にも
非常に魅力のある
人だつたのです。


升田幸三が、
何故そこまで
偉大になれたのか。

そこには、
母親の教育の力が
あつたと、

本人自身も
述懐されてゐます。


升田が
生まれた時、

彼の母親の
お母さんの兄、
(要するに伯父さん)が、

漢方薬と人相見を
やつてゐたのですが、


これは大変な子が
生まれたと
母親に言つたので、

母親はびつくりして
しまつたさうです。


釈迦とソクラテスと
キリストを

合はせたやうな顔、
といふことで、


母親は
そのことを

升田が
小さい頃から
ずつと、


小学校に
通つてゐる時

言つてゐた
さうです。


(確かに升田は
異相の人でありました)


升田は
そのことが

大変な自信に
なつたといふのです。


釈迦とソクラテスと
キリストを

三つ合はせたん
だから、


これは必ず
何かしらん
偉くなれると、

信じてゐたと
いふことでした。


将棋指しに
なるなら
日本一とか、

学者なら
世界一とか、

さういふ自信が
あつたとのことです。


それも、
「お前は釈迦と
ソクラテスとキリストを
三つ合はせたもの」

と言ひ続けた
母親の教育の
お蔭であると、

升田は言つてゐます。

母親の言葉が
升田の人生の支へに
なつてゐたのです。


子供の運命は母親が
決めると言つても、
過言ではないのです。


子どもに、

「ダメな子ねえ」とか、

「もつと頑張りなさい」
などと言つてませんか?


さういふ言葉は

子どもの
将来の可能性を
阻んでしまひます。


子どものうちから、

自分はダメな
人間なんだと
思ひこまされるから、

人生は上手く
いかなくなるのです。


今、小さいお子さんを
育ててゐる方、

そして、これから
母親になろうと
してゐる方は、

良き言葉の力により、
子供を育てて下さい。


お前ならできる、
必ずできる、
立派な人になる

と言ひ続けるのです。

賛嘆の言葉を
雨降らせるのです。


その母親の愛情が、
子供にとつて、

何よりの魂の
滋養になりますし、


親が我が子に
与へることの
できる、

最大のプレゼント
なのです。

☆..*∵☆.∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆..*☆

【受付再開!】紫微斗数個人レッスン≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

昨年三月で受付を終了していた
「紫微斗数個人レッスン」を再開します。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238


昨年三月で一旦募集を終了したのは、
弟子の星野佳菜絵と共に、
「紫微斗数占星術士養成講座」を
開講するためでしたが、

この度、星野佳菜絵が
「おめでた」と相成り、

開講が延期となりました。

そういう訳で、以前から行っている、
「紫微斗数個人レッスン」の募集を
再開することにしたのです。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

2010年より個人レッスンを始め、
今年で七年目になりますが、
受講生も延べ百名を超え、

占い師として活躍する人も
かなり出てきています。

紫微斗数の基礎から、
鑑定できるようになるまで、

懇切丁寧に責任を持って
ご指導させていただきます。

どうぞご期待ください。

3か月で運命鑑定師として、
デビューが可能ですので、
是非ご検討ください。

http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

============================

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

◎紫微斗数個人レッスン再開しました≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

→ http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 子供の教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

偉大な母親の力【過去の記事より】

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ


多忙につき、
過去のブログを編集して、
掲載いたします。


皆さんは「升田幸三」
といふ人物を
知つてゐますか?

恐らく、大抵の人は
知らないかも
しれませんが、


昭和の二十年代から
四十年代にかけては、
一般の人でも

知らぬ人が
ほとんど居ない位、

有名で人気の
将棋棋士でした。


何しろ、時の名人に
香車を落として
(ハンディをつけて)

勝つたのですから、
それは空前にして
絶後のことでせう。


将棋界の歴史を語る時に
欠かすことの
出来ない人物であり、

最も人気のある棋士でした。

将棋の実力も
さることながら、

人物的にも非常に
魅力のある人
だつたのです。


升田幸三が、
何故そこまで
偉大になれたのか。

そこには、母親の
教育の力があつたと、

本人自身も
述懐されてゐます。


升田が生まれた時、
彼の母親のお母さんの兄、
(要するに伯父さん)が、

漢方薬と人相見を
やつてゐたのですが、


これは大変な子が
生まれたと

母親に言つたので、
母親はびつくりして
しまつたさうです。


釈迦とソクラテスと
キリストを合はせたやうな顔、
といふことで、

母親はそのことを
升田が小さい頃からずつと、

小学校に通つてゐる時
言つてゐたさうです。

(確かに升田は
異相の人でありました)


升田はそのことが
大変な自信になつたと
いふのです。


釈迦とソクラテスと
キリストを三つ
合はせたんだから、

これは必ず何かしらん
偉くなれると、

信じてゐたと
いふことでした。


将棋指しになるなら
日本一とか、

学者なら世界一とか、

さういふ自信が
あつたとのことです。


それも、
「お前は釈迦とソクラテスと
キリストを三つ合はせたもの」

と言ひ続けた母親の教育の
お蔭であると、
升田は言つてゐます。

母親の言葉が
升田の人生の支へに
なつてゐたのです。


子供の運命は母親が
決めると言つても、
過言ではないのです。

子どもに、
「ダメな子ねえ」とか、

「もつと頑張りなさい」
などと言つてませんか?


さういふ言葉は
子どもの将来の可能性を
阻んでしまひます。


子どものうちから、
自分はダメな人間なんだと
思ひこまされるから、

人生は上手く
いかなくなるのです。


今、小さいお子さんを
育ててゐる方、

そして、これから
母親になろうと
してゐる方は、

良き言葉の力により、
子供を育てて下さい。


お前ならできる、
必ずできる、立派な人になる
と言ひ続けるのです。

賛嘆の言葉を
雨降らせるのです。


その母親の愛情が、
子供にとつて、

何よりの魂の
滋養になりますし、

親が我が子に
与へることのできる、
最大のプレゼントなのです。

☆..*∵☆.∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆..*☆

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

◎紫微斗数個人レッスン再開しました≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

→ http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 子供の教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

子供を幸せに育てるには(その3)

クリックされた人に吉運を
お分けできるよう
祈念してバナーを貼りました。


人気ブログランキングへ



昨日の「子供を幸せに育てるには(その2)」の続きです。

http://taiyoukansibitosuu.seesaa.net/article/431354030.html?1450481928


子供を幸せに育てたいのであれば、

「お利口さんに育て上げようとして全力を注ぐ」
「子供を天才児にしよう」
「ありとあらゆるクラブや塾へと積極的に通わせよう」

などといふことは止めた方が良い。


期待は悉く裏切られることになる。

「平衡力」(解消しやうとする力)の
働きを侮るべきではないのだ。


厳格に躾けられて育てられた子供は、
案外不良になることも多いと言ふのは
知られた話しでもある。


自分の子供といへども、自分の意志に
無理やり従はせるべきではない。

子供は所有物でも
ペットでもないのである。


「親のいふことを聞きなさい」
「ダメなのものはダメ」
「私の言ふ通りにすれば幸せになれる」
「〇〇になりなさい」

などとは言はないことだ。


では、子供をどのやうに
考へたらよいかといふと、

「神様からの預かりもの」として、
丁寧に接するべきだ。

「大切に預からせていただきます」と
神様に宣言すべきである。


子供は自分の分身では決してないのだ。
(ここを勘違ひして居る人が多いと思ふ)


子供を尊重し、配慮し、選択の自由を
與(あた)へなくてはならない。

もちろん、最低限の躾けは必要である。
放任を勧めてゐる訳でもない。

子供に自発的に考へたり、行ふやうに
持つていくことは親の役割と思ふ。


私が若かつた頃は、子供たちに
色々なことを教へてやろうと思つてゐた。


人生どう生きるべきとか、
こんなことをしてはいけないとか、

恋愛のこととか、仕事のこととか、
こうしたら上手くいくとか、

とにかく色んな話をしてやろうと
思つてゐたのである。


でも、結局、子供たちにはほとんど
何も話してやることは無かつた。

そんなことを話してやれる余裕が
無くなつてしまつたのである。


経済的に厳しくなり、その立て直しに
必死の半生となつた。

経済的には子供たちには
何もしてやれなかつた。

子供たちも恐らく父親からは
何もしてもらつてないと
思つてゐるだらう。


そんな私に、色々語る資格は無いと思つた。


親の背を見て子は育つといふ。

もし、子供に何かを示したいのであれば、
口でいふのではなく、態度や行動で
示すべきであらう。


私はダメ人間であるから、子供に対しては、
「反面教師」の立場で生きてきた。

それも一つの生き方であるから、
さういふ生き方もあると
知つておくのもよいだらう。

少しは気が楽になるといふものだ。


結果的にではあるが、
私は子供にかうしなさいとか、
何も押し付けなかつたし、

何も教へてやることも無かつた。

今ではそれで良かつたのだと思ふ。


子供たちはみな自ら学び、考へ、
みな逞しく生きて行つてゐる。


人に迷惑をかけず、
自分自身を傷つけないのであれば、
人間何をやつても本来自由である、

といふのが現在の私の考へであり、

それだけを子供たちに伝へたい。

(未完)

============================

◎開運効果抜群の特殊方位術

→ http://taiyoukan.0ch.biz/wp/sub2/

◎紫微斗数個人レッスン再開しました≪あなたも3か月で運命鑑定師に≫

→ http://taiyoukan.lovepop.jp/kaiunkantei/?p=238

posted by あさひ at 00:00| Comment(0) | 子供の教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする